ここから本文です

硫黄島からの手紙 (2006)

LETTERS FROM IWO JIMA

監督
クリント・イーストウッド
  • みたいムービー 8,003
  • みたログ 1.8万

3.96 / 評価:5043件

あたりまえの生活。家族。

  • movie78 さん
  • 2020年8月21日 0時14分
  • 閲覧数 753
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

昨日喧嘩して顔も見たくない嫁とすんなり仲直りできた。

子供の寝顔がいつもより愛おしく感じて手をぎゅっと握った。

朝起きて普通にご飯を食べて仕事に出て行った。

帰ってくるまでこの映画の中身はすっかり忘れている。

だけど最後のシーン。栗林中将の拳銃を見て西郷(二宮)が感情剥き出しで立ち向かった姿は強烈に印象に残っている。

人の心を震え立たせ、行動を起こさせる正義って何なのかなと思う。

この戦争がどんな背景があったとしても、大切な人と国を守ろうとした人達への敬意と感謝を捧げたい。


今のあたりまえの生活は、いつかの人が望んだ届かない夢のような生活ということ。

こんなコロナ下の今でも、目の前の人を大切にできる今を感じて生きていきたい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ