レビュー一覧に戻る
ハード キャンディ
2006年8月5日公開

ハード キャンディ

HARD CANDY

1032006年8月5日公開

sah********

5.0

低評価批判的なレビューは本作を褒めること

本作品に対し、批判的な感想は逆に本作を褒めることになる。 不快・不愉快に思うことは本作が素晴らしいものであると褒め称えることになる。 タイトルのハード・キャンディとは【勃起したペニス】のことだ。 ・彼女の行いはただの私刑だ!!  ‐それを言ったら男がしたことは悪いことで、罪人だと認めることになる。 ・彼女の動機は?世直しを謳い大義のため?私的復讐? ‐男の行いの動機を強調させるため ・殺害された女の子との関係性は? ―そこははっきりさせてない。そこを考えるのが観客の楽しみでもあり務めでもある。いちいち台詞で説明してもらわなきゃいけないのか。 そして逆に問う。なぜ彼女たちが殺される必要があったのかと。 ・彼の手にかかった女の子全員の復讐だというならお前は何様だという感じ。 ―彼の手にかかった女の子全員が彼に対し、お前は何様だと思っている。なんで殺されなきゃいけない?お前はロリコン様かと。  彼女に対し不快になればなるほど、それは作品の思うつぼで批判的な意見こそ本作を生かす言葉になる。 そして、男性諸君は【去勢のくだり】を不愉快だと言う。 まぁこう言うことはわからんでもないが、 続く言葉は【女性にはわからんでしょうが】 これを言ってしまっては、あなたも犯罪者予備軍では? 男女間に違いがあるのはわかるし、行動にしろと言ってるのではない。 その発言に寛容の無さがにじみ出てきている。 レイプされる気持ちがわかるのかと、ジロジロいやらしい目つきで見られる気持ちがわかるのかと。 今まで男は言葉巧みに女の子を誘い、レイプしてきた。 (あの冒頭のやり取りはリアル過ぎて、男の気持ちが手に取るようにわかるよね) 今回、彼女には出来なかった。言葉巧みに誘おうにもそれに乗ってこない上、 男は手足をふさがれているからして、レイプには暴力も必要なわけだ。 男のほうが腕力があるのは当たり前で、時に男は武器を持って歩いているように見えるのではないだろうか。 まぁ【男性にはわからないでしょうけど】(ヘンリーが皮肉たっぷりに言っている) だから本作で不快に感じた方、よく、すごくよ~く【女性の気持ち】がわかったじゃないですか。 ※ちなみに私は男性です。悪しからず。

閲覧数665