レビュー一覧に戻る
ハード キャンディ
2006年8月5日公開

ハード キャンディ

HARD CANDY

1032006年8月5日公開

aru********

4.0

この狂気は正義?

出会い系サイトで知り合った14歳の少女を部屋に上げたフォトグラファーのジェフ。 酒を飲み意識を失い、目が覚めると縛られていて・・ 赤ずきんを引き合いに出し、オオカミを退治するようなPRをしていたのに興味を惹かれ、見てみました。 30代のいい大人が少女に痛い目にあわされます。 会った当初は親しげだった少女は、気を失い目を覚ましたらキャラが豹変しています。 エレン・ペイジが上手いですね。 前半は弱そうな面も見せつつ男の言葉に乗せられているような感じ、後半になると冷静さに狂気が入り混じる感じに引き込まれます。 男は自由を奪われ、隠しているものを探られ、危害を加えられそうになるのを、何とか説得しようと試みます。 男と少女のどちらに視点を重ねるかで感じ方は違うんじゃないでしょうか。 話が進むにつれ、それぞれ(特に男)の見え方は変わってくると思います。 詳しいことを書くと作品の面白味がなくなってしまうので、止めておきます。 作品の内容から少し逸れますが、性的な嗜好や性犯罪について考えさせられました。 性犯罪者は再犯率が高いと聞きますし、日本の制度は一度見直せないものかなと思ったりします。 幼い子どもの親世代なので、そっち目線になってしまいます。 題材が特殊なこともあり、賛否分かれる作品だと思います。 個人的には、超人的なモンスターなんかよりもよほど現実的な怖さを持った良い作品だと思いました。

閲覧数1,208