レビュー一覧に戻る
ハード キャンディ
2006年8月5日公開

ハード キャンディ

HARD CANDY

1032006年8月5日公開

一人旅

4.0

憎悪と復讐の寓話的スリラー

デヴィッド・スレイド監督作。 14歳の少女に人生を破滅させられてゆく男の姿を描いたスリラー。 日本人の少女が出会い系で知り合った男を騙して金品を奪い取った実際の事件、いわゆる“おやじ狩り”に着想を得て製作された作品で、童話「赤ずきん」をモチーフにしたスリリングなシチュエーションスリラーがノンストップで繰り広げられます。 32歳のカメラマンの男が、出会い系サイトで知り合い自宅に招き入れた14歳の少女によって縄で縛り上げられた上に想像を絶する拷問の恐怖を味わう…という異色のスリラー劇で、男を未成年者殺しの犯人と確信する少女と、ロリコン&殺人の疑いを掛けられた男の危険な心理戦&疑惑の真相が緊張感たっぷりに映し出されています。 悶絶必至な拷問描写に男性客は体の一部が反射的に縮こまってしまう作品で、テーブルに縛り付けられた状態での“外科手術”シーンは今にも意識を失いそうな男の苦悶の表情も手伝って迫真の恐怖と緊張を演出しています。しかも、少女のやり方はサディスティックな“じわじわ系”。まずは手術部位を念入りに氷で冷やし、邪魔な毛も全て剃り落とすという本番前の下準備にたっぷり時間をかけます。そして、必死に助けを懇願する男を最後に冷たくあしらい、世の男性の生命線とも云える大切な部位を切り落としにかかるのです。 男の歪んだ性的欲望の犠牲となった全ての未成年少女の憎悪と復讐をテーマにした寓話的スリラーで、『JUNO/ジュノ』でブレイクする以前のエレン・ペイジが行動をエスカレートさせてゆく謎めいた少女を怪演しています。少女に一方的にフルボッコにされる男を演じたパトリック・ウィルソンの悶絶演技も秀逸であります。

閲覧数1,308