ここから本文です

カサノバ (2005)

CASANOVA

監督
ラッセ・ハルストレム
  • みたいムービー 157
  • みたログ 639

3.52 / 評価:136件

☆4.5 ヒースレジャーに♡5!

  • yuk***** さん
  • 2018年11月28日 12時21分
  • 閲覧数 543
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

DVDにて鑑賞

目にした写真とカサノバ(予備知識は女ったらしのイメージのみ)のタイトルに
ちょっと鑑賞をためらったのですが
予想外でホッとしました

久しぶりにシェイクスピアのから騒ぎなど思い出すような
楽しい映画で大満足
ベネチアも美しくて また行きたくなりました~
CG…もありましたが 十分満足です♡
撮影大変だっただろうなあ…美術 美しかったです
展開にも無駄なく心地よくストレスなく上手く作られていました
ヒースでなかったら☆4.5→4 だったかもしれませんが
各キャラクターの設定のぬかりなさ
メインのカップル2組、その家族&従者、ルポ、ヴェネチアの偉い人、ラード屋さん(この役者さんいつもいい味!)、その従者、全て愛すべきキャラで小気味よい!
楽しませる周到な心づくしが感じられ お見事☆と思いました

確かに軽いテンポなのですが 
作りが上手い キャラがしっかり描かれ演出されている
ヒースの演技が上手い! ので(笑)
楽しめるエンタメなのに上質な作品に仕上がっています

ヒースは初っ端から魅力全開♡ 
あのカツラはどうだろう?と思ったけれど
見慣れてくると…美しい…(笑)

細部のしぐさの演技も かなりセクシーな色男でした♡5!
オージーだからか…日本人に近い何かを時々感じるんですよね
あの時代にしては現代的でおしゃれなカサノバでしたが
やっぱりイケメン(笑) そしてやんちゃな感じがちょっぴに滲み出ていましたが 
現代っ子っぽい中にもやはり品があるのですよね 
フェンシングのシーンもコミカルな演技もさすが でした

そして 見返してしまったセリフ
どの愛にも真実はある 唯一の愛にも そしてそれはすべての愛に代わるものだ
彼が言うと 響きますーー♡(すみません)

本物のカサノバも見た目だけでなくフェンシングの腕前もあり知的で才能豊かな人だったのかな
ヒースからもそれが感じられ とても魅力的なカサノバでした

後半のカサノバ入替りが効いています☆
ジョバンニもだんだん魅力的に見えてきて 好演でした!
エンディングのドタバタから最後のカサノバ・ジョバンニ・ルポ3人のやり取りまで
細部まで心憎かった
なんだか満足感で胸がいっぱい

ヒロインが最初はもっとかわいい子だったら…と思ったのですが
よく見ると顔はキャラクターには合っていましたし ちょっと美女と野獣のベルっぽかったです
あとはカサノバと恋した後の変化 もうちょっと可愛くなってほしかったかな

ヴィクトリア(当然ですが 今と比べると若い!)もフランチェスカのお母さんもなかなかキャラがたってて楽しかったです~

そしてこの作品と関係ないのですが
パプリッツィオさん 見るたびに 思い出してしまうのが
ディズニーのスティッチ! …どのキャラとは言いませんが

カサノバの史実に基づいたお話 と思って見るとがっかりする方もいるかもしれませんが
そこの誤解がなければ とてもよくできた楽しい作品だと思います♪
また何度でも見返したいです

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ