劇場版ポケットモンスター/アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子マナフィ
3.8

/ 155

37%
27%
22%
7%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

道に迷ったサトシとピカチュウたちは、水中ポケモンショーのスター・ヒロミと出会う。彼女から「海のどこかにある神殿アクーシャに、海の王冠と呼ばれる秘宝が隠されているが、まだ誰も見たものがいない」という伝説を聞く。そこへ伝説の謎を追ってアクーシャに向かうポケモンレンジャーのジャッキーが現れる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(73件)

かわいい16.3%泣ける12.1%ファンタジー11.7%楽しい11.3%勇敢10.3%

  • X

    1.0

    マナフィがウザすぎるだけ。

    ただマナフィがウザかっただけ。泣きわめくところ、見た目、仕草、声、全てにおいてイラッとくる。弱すぎて全く役にたってないし。こんな泣きわめくだけの雑魚い幻のポケモンなど存在価値がない。

  • ポケモントレーナーみゆき

    4.0

    王子になるマナフィ!ポケモンアニメ映画

    ~ポケモントレーナーみゆきは、90点の経験値をもらった!~ 2006年に公開されたポケットモンスターアニメ映画の第9作。 今までの映画には出なかった、自然やポケモン保護活動をするポケモンレンジャーが登場します。 そのポケモンレンジャーの今回のミッションは、マナフィと海の神殿を守るというもの。 マナフィの卵を海賊から保護するところからストーリーは始まります。 その卵が誰のもとでかえるのか、それがあるキャラクターの心を成長させていきます。 また、かわいい甘えん坊の赤ちゃんのようなマナフィが王子の眼差しになっていく姿にも注目です。 今回の声優界のレジェンド山寺宏一さんの出演は、前作に引き続きイケメン役のポケモンレンジャー「ジャッキー」。 「俺の辞書に失敗の文字はない。」などキザっぽいセリフを言いますが、山ちゃんが言うと信憑性があります。 ポケモントレーナーみゆきのひっそり気になるポイントは2点です。 一つ目は、サトシの潜水能力。 オリンピックに出られるのではないかという推定数十メートルの潜水をします。 さすが最強の10歳です。 ただ、せっかく水ポケモンのヘイガニがいるにも関わらず、こういう時に限って自力でいこうとするのは何故でしょうか。 二つ目は、ある伝説のポケモンとマナフィとの関係性。 サラッと伝説が登場し、さらにマナフィの言いなりになっているのが凄いです。 海の王子恐るべし。 ぜひ観てみてください。 ★本作のサトシの”キミにきめた”手持ちポケモン情報★ ピカチュウ、オオスバメ、ジュカイン、ヘイガニ、ドンファン、エイパム ★大好きなポケモンに例えると★ マナフィ  かわいい甘えんぼからの独り立ち!  自分の使命に動く時の目の力強さは、人もポケモンも、アニメも現実も変わりません。

  • ghj********

    5.0

    ハルカのハルカによるハルカの為の映画?

    AG編が最近配信されていたのでDVDと合わせて全て見た後の締めくくりとして映画を見ました ハルカは確かジラーチの映画でもメッチャ活躍してた気がしますが今回はそれ以上!間違いなく主役です 調べてみたところヒロインが主役になったのは後にも先にも無いそうです 映画で主役に抜擢されるヒロインなんて今後出るのかな? 初めの頃をポケモンが苦手で、サトシ以上のド素人トレーナーだったのに、ここまで大きく成長してAG最後の映画を任されるなんてそれだけでもう涙が出そう 赤ちゃんみたいなマナフィに優しく接する姿はまさに「母親」ですね 手持ちじゃないポケモンにあれだけ優しく出来るのもある意味才能かな? その他辛くても、別れを受け入れる強さやマナフィを守ろうと敵と戦おうとする勇気などハルカの沢山の良いところを見せてくれました これも旅を重ねる内に人間的にも大きく成長したからなんでしょうね 最初らへんはスバメにビビりまくってたし駄々捏ねてばっかだったぐらいだから笑 もう語りたいことが多すぎて文章が凄いことになりそうだからここまでにしときますが本当にいい映画なんで皆んなにも見て欲しいです

  • blt********

    5.0

    素晴らしい!!歴代で1番!

    私は全てのポケモン映画を観ていますが、この映画が最高傑作だと思っております。 まずはハルカちゃんとマナフィの絆、ハルカちゃんがマナフィを引き離すシーンや神殿での再開シーンなどで彼女が号泣してしまうのはそれだけハルカちゃんがマナフィの事を大切に思っていたという証でしょう。 彼女にとってマナフィは非常に大切な存在です、だから引き離してしまう時は構ってあげれない、辛い、苦しい、そういう感情で涙を流し、マナフィが見つかった時は安堵の表情を浮かべ涙を流す、あまりの心配や見つかった時の安心の感情と色々あるでしょうがやはりそれだけマナフィの事を思っているからこそあれだけ涙が流せるのかなと思います。 マナフィもハルカちゃんの名前を呼び続け、彼女のバンダナが飛ばされた際には危険を試みずに探しに行った… 冷たくされても関係ない、2人の固い絆、そして愛があるからこそああいった行動が起こせるのです。 終盤のサトシ君の行動も素晴らしいですね 自分の危険よりも先に仲間の安全を優先する…優しさ、勇気に満ち溢れた行動です、彼も旅の中でハルカちゃんやピカチュウは自分が守らなければならないものだということに気付いたのでしょう。 あの場面で「ハルカ、ピカチュウたちの事頼んだぜ」と言わず「ピカチュウ ハルカ達のこと頼んだぜ」と言ったのはハルカちゃんが主題歌の通り「守るべきもの」であることに気付いたからでしょう、ピカチュウを信頼していたからこそ言える言葉でもありますし その他映像や音楽もポケモン映画No. 1だと思いますね、レビューを見ていても「映像と音楽は歴代で一番良い」と言う感想をよく見かけますし。 まあともかく人を信じることの大切さや家族の絆、温かさ、大切な人を守る勇気など見所がなたくさんある映画だと思います 是非家族で見ていただきたい作品ですね (因みに私は号泣してしまいました)笑 文章力が無く、長くなって申し訳ございませんでした レビューを読んで頂いている方がいるならば感謝の限りです

  • yot********

    5.0

    マナフィ可愛い

    泣けました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


松本梨香サトシ
大谷育江ピカチュウ
KAORI.ハルカ
三木眞一郎コジロウ
犬山イヌコニャース
山寺宏一ジャック・ウォーカー(ジャッキー)
ベッキージュディ
ホリペラップ
藤岡弘、ファントム

基本情報


タイトル
劇場版ポケットモンスター/アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子マナフィ

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日