レビュー一覧に戻る
柔道龍虎房

柔道龍虎房

THROW DOWN/柔道龍虎榜

95

いやよセブン

3.0

黒澤明監督にリスペクト

姿三四郎はモチーフで、所々映画版のシーンを再現させている。 柔道を捨てた男、その男に勝負を挑む若者、歌手の夢をあきらめない女、この三人の青春ドラマ。 コメデイタッチで進行し、意味不明な柔道家がたくさん出てきて、よく分からないうちに試合をしている感じ。 バックにはコテコテの演歌が流れており、ある種のカルト映画っぽい雰囲気がある。

閲覧数385