2007年12月8日公開

スリザー

SLITHER

962007年12月8日公開
スリザー
3.2

/ 218

11%
28%
36%
16%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

アメリカ南西部の田舎町で、隕石(いんせき)が落下した日を境に、町では奇妙な連続事件が起きていた。警察署長のビル・パーディ(ネイサン・フィリオン)は、町の有力者グラント(マイケル・ルーカー)の異様な変わりように目をつける。森へ逃げ込んだグラントを追い込んだ警官たちだったが、無数の未知の生命体“スリザー”に口から侵入され……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(96件)

不気味16.2%パニック12.5%笑える12.5%恐怖10.5%コミカル9.9%

  • hik********

    3.0

    ゲテモノにだって愛はある!!

    今や有名クリエイターであるジェームズ・ガンの、寄生虫、ゾンビ、触手、グロ満載のスーパーゲテモノモンスターホラーが本作だ。 (ちなみに監督は序盤にチラッと端役で出演もしている。) このモンスターというのが最大の見どころで、巨大ナメクジのような、ツチノコのような見た目で、これが無数の大群でウジャウジャと襲いかかってくるのだ。 そして「寄生獣」にように次々と人間に寄生していく。 なんて悪趣味!(笑) エンドロール後に、ひと仕掛けがあります。 流石に悪趣味すぎたのか、かつ世評の好みに合わず、残念ながら後にガン監督はしばらく低迷してしまうが、 監督の、ゲテモノに対する愛がこれでもかと溢れている作品には相違ない。 本編にチラッと映っている映画、あの「悪魔の毒々モンスター」なのもその証拠であろう。

  • zar********

    3.0

    ネタバレ悪趣味SFホラー(褒め言葉)

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rat********

    5.0

    寄生エイリアンに町が喰い尽くされる!

    いやー、面白かった! ジェームズ・ガン監督の特集記事を見ていたら、ほとんどが大好きな作品。その中で見たことなかったのが、「トロメオ&ジュリエット」とこの作品ってことで、鑑賞に至りました。 なんとなく懐かしい感じのする作品です。さすが、元トロマって感じですかね。 エロあり、グロあり、グッチャグチャの肉片、血みどろのオンパレード。ホラー大好きオヤジには最高です。 でも、この作品、ジャンルはSFになってました。寄生された人が襲ってくるところはゾンビみたいだけどね。 ヒルみたいなやつが町に溢れかえって襲うんですが、クローネンバーグ監督の「シーバース」を思い起こしました。ただ、「スリザー」は、トロマ色が強いと言いましょうか、なんか、笑って見れちゃうんですよね。家族皆が寄生して、一人だけ生き残ってもかわいそうって感じがしない。楽しく見れちゃう作品なんです。 でてくる女性陣も綺麗で可愛らしい人が多い。 エンドロールも含め、音楽も陽気なリズムで楽しめます。 この軽さ、フィクションを楽しむ最高の一本でした。 ちなみに、作中でチラッと「悪魔の毒々モンスター」のワンシーンが流れる遊び心、最高でした!

  • sar********

    2.0

    平凡

    すごく平凡なホラーですが、ちょっとおもしろい所がなさすぎました。 ご都合展開が多く感じられたのと、怪物のキャラが前半と後半でつじつまが合ってないようにも感じました。 R15ですが単に変な液体が飛び交ってるだけで、その方面でもおもしろくないです。

  • sss

    3.0

    寄生もの

    B級ゾンビ風。 面白さは、まぁ普通。 /5.0(202106)

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
スリザー

原題
SLITHER

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日