ここから本文です

母たちの村 (2004)

MOOLAADE

監督
ウスマン・センベーヌ
  • みたいムービー 37
  • みたログ 103

4.35 / 評価:31件

民族の伝統と人権の対立を扱った秀作

  • kur***** さん
  • 2013年10月30日 0時45分
  • 閲覧数 1241
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

女性器の切除という日本人にはは全く
想像できない問題を扱った映画です。

この映画の舞台となった村では、
まだ小学生ぐらいの少女の女性器を切除する
という伝統が存在するのですが、
その施術が原因で命を落とす少女が後を絶ちません。

ある母親がその施術に反対するのですが、
村の因習や宗教上の理由が彼女に立ちはだかります。

ここでは民族の伝統と人権の対立というテーマが
扱われているのですが、単にテーマが深いだけではなく
美しいアフリカの景色、日本では無名(たぶん素人)の
俳優の自然な演技、涼やかな音楽と映画として必要な
要素も揃っています。

本当にこういう問題って難しいと思う。
外人に「クジラを捕るな」とか言われると
日本人としては面白くない。

しかし、この映画をみてしまうと、
アフリカの人に対して、
「すみません、少女の性器切除は止めませんか」
と、言いたい気持ちになってしまいます。

他国の問題だったとしても
子供の生命や身体を損ねる様な慣習や伝統に対しては、
国際社会が禁止を提案していく必要があるのかな、
見て見ぬふりは出来ないのかな~
などと感じた次第です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ