2006年6月17日公開

母たちの村

MOOLAADE

1242006年6月17日公開
母たちの村
4.3

/ 32

50%
34%
16%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(22件)


  • mee********

    5.0

    民族の伝統と人権の対立を扱った秀作

    女性器の切除という日本人にはは全く 想像できない問題を扱った映画です。 この映画の舞台となった村では、 まだ小学生ぐらいの少女の女性器を切除する という伝統が存在するのですが、 その施術が原因で命を落とす少女が後を絶ちません。 ある母親がその施術に反対するのですが、 村の因習や宗教上の理由が彼女に立ちはだかります。 ここでは民族の伝統と人権の対立というテーマが 扱われているのですが、単にテーマが深いだけではなく 美しいアフリカの景色、日本では無名(たぶん素人)の 俳優の自然な演技、涼やかな音楽と映画として必要な 要素も揃っています。 本当にこういう問題って難しいと思う。 外人に「クジラを捕るな」とか言われると 日本人としては面白くない。 しかし、この映画をみてしまうと、 アフリカの人に対して、 「すみません、少女の性器切除は止めませんか」 と、言いたい気持ちになってしまいます。 他国の問題だったとしても 子供の生命や身体を損ねる様な慣習や伝統に対しては、 国際社会が禁止を提案していく必要があるのかな、 見て見ぬふりは出来ないのかな~ などと感じた次第です。

  • zun********

    4.0

    素晴らしい色彩のなかに潜む因習

    アフリカの小さな村で今も行われる女子割礼の問題を鋭くえぐった骨太の作品。 割礼によって少女が命を奪われたり、セックスの時や出産時にも多大な苦痛と危険を孕んでいる有様が容赦なく突きつけられる。この現実は今も各地で残っており、ただただこのような残虐な行為が撲滅されることを祈るのみである。 それにしても、アフリカの自然美、そこに住む人々の服装、建物ややかんに至るまでとてもカラフルでその美しさは衝撃的。そして、そこに住む人達の底抜けの明るさにも惹きつけられる。

  • jac********

    5.0

    ところ違えば。

    女性器切除(割礼)のお話。実際に行われているそうですが、アフリカ全域で行われているのではなく、主には中央アフリカよりやや緯度の高い地域で行われているそうです。ちなみに、ユダヤ教では男性器の包皮を切除するそうです。割礼を扱った作品は珍しくカンヌ映画祭である視点部門でグランプリ受賞もうなづける。割礼が出てくるほかの作品は、自分の知ってるものだと「ぼくの国、パパの国」ぐらいかな。 映画自体のストーリーは、女性割礼に村の女たちが反対して、最終的に割礼をやめさせるに至るというもの。映画中も描かれているが、割礼で死ぬ子供は少なくないそうです。逆に、子供を生んだ女性の女性器を縫ってしまうという地域もあるそうです。夫への貞節を保つためだそうですが、日本に住む私からするとおそろしい…。 まだまだ未開な土地の多いアフリカですが、これから経済が発展すれば都市化が進むでしょうから、個人主義化も進むでしょう。こうした村の掟というか風習も変わっていくのでしょうね。これからのアフリカの発展に期待…。

  • mar********

    5.0

    伝統を破る勇気

    とても失礼な表現であることは承知ですが、昔から、アフリカ原住民の生活のドキュメンタリー番組を見る度、「この国に生まれなくてよかった」と思っていました。 体の一部に穴を開けたり、切り落としたり…。当然麻酔も鎮痛剤も使わないわけですから、子供たちは痛がって泣き叫びます。 そして、どうして原住民たちは先進国の文化を取り入れようとしないのかも、疑問に思っていました。 この映画の主人公コレは、そんな伝統としての「割礼」を食い止めるため、勇気ある行動に出ます。 我々から見れば、病気でもない体の一部にナイフを入れるなど、無意味なだけではなく残酷な行為であり、コレの考えはどう見ても正しいのです。 でも、この村では長年続いてきた伝統であり、住民は皆それが当たり前だと思っているわけです。 いくらラジオで先進国の情報が入ってこようと、住民の意識を変えることは安易ではありません。 最後は、鞭で打たれて傷だらけになりながらも、主張を守り通したコレ。 しかし、最終的にコレが英雄として崇められたのは、あくまでこの映画が先進国の視点で作成されたものだからかも知れない…とも思いました。

  • kok********

    5.0

    基礎知識が無い人にも

    FGM…女性性器切除、という土着の慣習を扱い、 明るい未来への第一歩を示した人間賛歌的映画。 アフリカ人男性の撮った作品であるからこそ、 素晴らしい出来となったのだろう。 近年…1985年~2010年現在まで…、 国際法の手の届かないところにあった民族的アイデンティティーの如何なるかを、 様々なところで様々な団体が語り、動いている。 幼女の外性器を切り取り、大陰唇を縫い合わせるというのは、 WHOの定めるところの第三タイプのFGM。 ファラオ式とも言われ、一番女性に害がある外科的処置である。 日本に生きる我々にとっては、 「ヤメテー!!!かわいそう!」な慣習。 「マジで、今すぐやめさせるべき。」な慣習。 だが、そうカンタンな話ではない。 映画では、ハッピーエンドである。 しかし、この映画のようにこの因習が晴れて終わりを迎えることは、 あくまで希望的観測であり、現実はあまりにも残酷だ。 現在もアフリカ中西部では“割礼”“お清め”という名目で、 この儀式は行われ続けている。 中西部全体が第三タイプの<縫合>をやっているわけではないし、 ケニアなどでは昨今、FGMの根絶が期待されている。 確かに、国際法の世界的横断は間違っていなかったらしく、 “第三世界”はひとつの地球に還元されようとしているのではないか、 と私は思う。 私は女である。 もちろん、外性器は今も溌剌としてここにある。 だからこそ、少しでも多くの人間にこの慣習を知ってもらいたい。 宗教は何の関係も無いのに、 「宗教上の理由」と言い訳をする父権的な人間たちの愚かさを、 観て知ってもらいたい。 男性の皆さんもご安心を。 本作では父権的な男性たちも、 「人間ってなんだか愛くるしい」 という視点を損なうことなく描かれているから。

  • rik********

    4.0

    大切なメッセージ

    アフリカの多くの国では未だに女子割礼(FGM)が行われている。割礼を受けた女性達は月経・性交・出産等の度に体を痛め、特に出産の時には命を落とすこともある。 この映画は、女子割礼撤廃への一筋の光。これまで国際機関等が行ってきたどのキャンペーンよりも影響力を持つと思う。女子割礼を取り巻く村人達自身が共に考え、解決策を見出していく。最後には男性も女性も声を合わせ、撤廃を訴える。これはね・・・。この監督にしか書けないものだったかもしれません。外部からの声では、ここまでの影響力は生まれなかったと思いますよ。少なくとも、この映画を村人達が見たら、考え直してくれるような気がします。 女子割礼などはない平和な日本で育った私自身ですが、この国でも男性の偏った価値観によって生まれた悪しき風習は未だに色々残っていますよね。そんな圧迫感を感じながら日々がんばっている日本の女性にも、是非観てもらいたい映画です。 そんなメッセージ性の他にも、未知の世界・アフリカの色んなエッセンスが鮮やかに描かれていて、観て損はない映画だと思います。これまで(私は)聞いたことがない監督だったので、アマチュア映画のように観にくい物だったらどうしよう?!という不安があったのですが、杞憂でした。映像も構成もとても整っていて、安心して観れる作品でした。オススメです!

  • mar********

    4.0

    今でも続いている伝統だなんて衝撃

    アフリカの巨匠 ウスマン・センベーヌ監督が描く、愛と尊厳の人間賛歌。 西アフリカの小さな村で、ある日、4人の少女が割礼を嫌がり逃げ出して来たことを きっかけに、この物語は始まる。 古くからの伝統であり、反対することなど問題外であった割礼を廃止しようと、 娘たちの為に立ち上がる母たち。 前代未聞の動きに、村の男たちは困惑し大混乱となる中、母たちは娘たちのために、 未来のために、諦めることなく、闘い続ける―。 というお話なんだけど、女子割礼って始めて知った。 最近では女子割礼とはいわず、女性性器切除とよぶらしい。 ものすごく痛そう。なんのメリットもない悪習。 でも、今でも続いているらしい。 同じ世界で戦争が起こっていることよりも、なんだか衝撃の事実。 色彩感覚が鮮やか。やかんもカラフル。 ワッサー=ヤッター。 2006/9/18

  • sho********

    5.0

    無能な政治家や上司に見せたい

    話のメインは割礼だけれど、全体的に見て貧しいアフリカの国も日本も大して変わりないと感じた。物にあふれている分だけ日本の方が心が貧しく哀れだと。 どこの国でもそうだけど、何もできない人間に限ってあぐらをかいて威張っているだけ(この映画ではまさに村長)。無力だけれど思いやりに満ち溢れた女性コレ。 その人間が生まれ育った環境によって考え方や感じ方はかなり左右されると思った。その中で誰でも正しいとは思っても人と違うことをしたら目立ったり、非難されたりすることを避けようとして無難な方を選択するほうが楽だろうけどコレは今までの風習としての割礼は良くないことだと思い娘にも受けさせなかったりと、勇気のいることだと思う。 割礼と言う言葉は聞いたことはあったけど意味まで知らなくて映画を見て、時々小指がクローズアップされてたように思えたから、割礼って小指の切断なの?と思っていたらクリとリスの切除だとは知らなかった・・・ その上そんな大切なところを不衛生な場所できちんと消毒もしてないナイフなんかで切ったら成功率もかなり低いんだろうから受ける女の子たちは言葉では言い表せない不安や恐怖があるんだろうな。 狭いコミュニティーにいればその中のことは当たり前と感じてしまうだろうけど、それは日本にも当てはまる事だと思った。 アイドルの歌なんかを音楽の教科書に載せるんだったらその時間を割いてこの映画を子供達に見せた方がよっぽど良いと思うんだけど。 この映画を見てそれぞれが何かを感じ世の中や人の心が少しでも良くなってくれればいいな。

  • sid********

    5.0

    映画の持つ力

    映画は楽しむもの・・・。ストーリーの展開にドキドキしたり、主人公の立場になり感情移入して泣いたり、笑ったり、怖がったり、考えさせられたり、あるときは知らない時代や見ることのない景色に感動したり。そしていろいろな世界の歴史や国々の事情も学べたり(もちろん、どこまでが史実や実態に忠実かの仕分けは必要ですが) この映画ではアフリカの美しい景色やその生活の情景、そしてアフリカの女性のこと、割礼・・・。と新たなことを知らされ、感じさせられました。 映画そのものの出来はというと、暗くて重いテーマではあるものの、コラという主人公の明るさとたくましさでストーリーは進み、2時間があっという間に過ぎました。この映画をどのくらいの数の人が見たのかは推測もつきませんが確実に観る人に何かを伝えられる映画だと実感しました。良い映画ですよ。

  • coc********

    3.0

    ひとこと

    着眼点もよく訴えていることもわかるがダラダラと長いので若干飽きる

  • デビッド

    5.0

    真実味

    旧作、ドキュメンタリ風に描いているから真実味が増す。どこの母も力強い。オタオタする男たちが滑稽。

  • yos********

    3.0

    ネタバレ風習

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tee********

    5.0

    けこう、衝撃的でした。

    何気なく観た映画でした。 まさか、これほどのものとは。 西アフリカの小さなイスラム教徒の村。 女子は必ず性器の一部を切除する“割礼”を行なう。 ご多分に漏れず、男尊女卑社会。 女に選択の余地はない。 それは、生活のこと、すべてにおいてだ。 文明社会の現代で、 遅れた思想である、 と一言では片付けられない。 この社会の差別意識は、 今も、変わらず根強く世界中を支配している。 儀式を嫌がる少女たちが逃げて来たのは、 自分の娘の儀式を拒否した一人の母・コレのもと。 彼女は、古来よりの儀式“保護”により、 少女たちを守ろうとした。 しかし、それは困難を極める作業でした。 “割礼”を実行する女たち、 助けを求めた少女の母親たち、 そして、男たち。 圧倒的な圧力で、コレとその家族たちを追い詰める。 そして、コレの行動を抑えるべく、 男たちは女たちの唯一の娯楽であったラジオを取り上げ、 送れた社会の風習への批判を避けようとした。 追い詰められてコレが選択したのは? 女たちは? 男たちは? まちがいなくドラマであるけれど、 その重さはリアルであり、 アクチュアルであった。

  • yan********

    4.0

    2時間があっという間

    テーマに興味を持って観に行きましたが、カンヌ映画祭で受賞しているので、ストーリーにも若干期待でした。 期待通り、2時間があっという間に過ぎ、自然と引き込まれました。 それにアフリカの空気がリアルに伝わってくる映像で、自分もその村にいるような感じがしました。 観て損はしない映画ですし、思いテーマですが、目を覆うようなシーンは無いので、安心して観て下さい。 女子割礼は本当に早く無くなってほしい悪習です。 この映画がたくさんの人に観られますように・・・ 割礼におびえる女の子たちの様子が忘れられません。

  • iwo********

    4.0

    俺たちゃ無力

    遠い遠い国の、どこか知らない空の下、、、だめだねぇ。 おぞましい現実が自分の知らない国には現実に有るって事だけど 俺には何も出来ないよ。 ただ、こう言う映画が彼の国に疑問を投げかけ、考え直してくれる 力になれば良いのになぁ、とそんな想いを抱きました。

  • rjb********

    5.0

    母は強し!

    少女割礼の事実、たくさんの人に知ってほしいと思います。こんな悪しき風習がこの世界から無くなる事を願ってやみません。 一夫多妻制って、一人の男性が複数の妻を養うのではなく、一人の男性を複数の妻が養う事なんだと実感しました。水汲み、子育て、家事全て重労働は女性の仕事、苦痛をともなう性交渉、情報を得る事も禁じられ、夫への服従を強いられる。。。涙が溢れました。 それでも明るく、強く、勇敢な女性たち。 母は強い!母は美しい!彼女らに敬意を表したい!! 多くの人に見てほしい映画です。

  • mis********

    4.0

    オマ○コがもぞもぞしてくる映画です

     アフリカ地域に根付いた悪しき慣習、割礼。前に、アフリカフェスティバルで、割礼をなくすNPOからリーフレットをもらいましたが、想像するだけでいたーーーーーい(割礼の意味が分からない人は検索してみてください)。  その割礼から、子供を守る母の話ですが、割礼を受けるのが、まだ小学校低学年くらいの子供たち。子供たちが泣き叫ぶ姿を見て、またまたいたーーーーい。  そんなわけで、痛みを想像し、もぞもぞしました。決してHな意味ではなりません。  早く、そんな悪しき慣習はなくなってほしいですね。  でも、その点を除けば、随所に、おおらかなアフリカ女性の様子や、かわいい子供たち、素晴らしい自然などが見られます。

  • mak********

    5.0

    ネタバレ鞭打たれる コレに、、

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sin********

    4.0

    犠牲になる人々

    風習というのは、どの村、どの国というように あるものだが、間違った教えによる風習で 犠牲になるものもいる。 死んでいく女児たちしかり。ムチで打たれる コレや、その夫しかり。 しかし、女は弱し、母は強しである。 村の女性の明るさに、暗いテーマも 一気に見ることができた。

  • mya********

    5.0

    ネタバレむずむずする…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/2 ページ中