暴れん坊将軍 500回記念スペシャル 将軍琉球へ渡る、天下分け目の決闘!
4.3

/ 6

33%
67%
0%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2件)

かっこいい10.5%勇敢10.5%笑える10.5%コミカル10.5%楽しい10.5%

  • qaz********

    4.0

    マツケンの時代劇

    本作は今、早朝に再放送されているあのマツケンのドラマです。 私は何度か見ました。 あの黄門とタメを張った長寿シリーズです。 確かに将軍である徳川吉宗がフラフラと素浪人を偽り江戸市内を徘徊するのはムチャな設定に思えます。 サブちゃん・譲二の火消しの頭が正体を知っています。 火消しの中には円楽らが扮する滑稽な男もいます。 事件の裏に悪人たちの企みがあります。 たいていはライバルの善人たちの店を潰そうと企む悪商人、不正を暴こうと奮戦する若武者の抹殺を根らう悪の重鎮というものです。 時にはヤクザやゴロツキを使い絵に描いたような嫌がらせもあります。 最後は上様がすべてを暴き正体を明かしてから悪人達と激しいチャンバラをして壊滅させます。 その時、なぜか上様が歌う歌が流れてきます(笑)。 時代劇のパターンを作った作品です。

  • dck********

    4.0

    御庭番(女)に惚れる、綾瀬はるかでは・・

    ご存知、テレ朝製作、松平健主演の国民的人気の長寿時代劇ドラマです。 TBSの「水戸黄門」と並ぶテレビ時代劇の双璧です。「水戸黄門」は黄門役が何回か替わりましたが、「暴れん坊将軍」では番組スタート時の松平健の年齢が若かった事もあり今日に至るまで彼一人で徳川吉宗を演じており、その意味からも戦後テレビドラマ史に残る作品と言えます。 初回の「吉宗評判記 暴れん坊将軍」の放映が1978年(昭和53年)だったので既に30年を超える歴史を持っています。共演者や設定はシリーズの中で何回か変更がありましたが、これだけ長く番組が続いた事はこのシリーズの人気の根強さを示しています。 実在の徳川吉宗とこのドラマで松平健が演じた吉宗とは人物像にかなり違いがあるようです。 学校の歴史の授業でも「吉宗は稀の名君」と教えられる事が多く、松平健の好感度の良さも相まって「暴れん坊将軍」を見ると「徳川吉宗は庶民思いの素晴らしい将軍だ!」と感じてしまいます。 しかし、実際の吉宗時代には経済政策は必ずしも順調ではなく各地で百姓一揆が多発するなどの問題も多く、ドラマから受ける時代の印象とはかなり異なる部分もあったようです。 また、ドラマでは吉宗(徳田新之助)はいつも江戸城を抜け出して市井をブラブラしていますが、実際の徳川幕府の将軍は極めて激務であり自分の時間などはほとんど無かったそうです。しかし、あまり細かい粗探しをするとドラマが観れなくなってしまうのも事実。 ”娯楽時代劇”と割り切って観れば、「暴れん坊将軍」は他に比類なき傑作時代劇だと言えます。 ところで私が「暴れん坊将軍」で特に好きなのが吉宗の御庭番(女)です。シリーズの中でたくさんの女優が御庭番を演じました。 初代  おその(夏樹陽子) 2代目 さぎり(朝加真由美) 3代目 疾風 (菅野玲子) 4代目 梢  (高島礼子) 5代目 茜  (入江まゆ子) 6代目 小雪 (安藤晃子) 7代目 あやめ(大竹一重) 8代目 皐月 (東風平千香) 9代目 渚  (山口香緒里) 10代目 薊 (松永香織) 11代目 楓 (村井美樹) このメンバーを見ていると「暴れん坊将軍」御庭番は女優の登竜門でもある事が分かります。「暴れん坊将軍」の見所の一つは御庭番の活躍(特に女優の魅力と殺陣)にあります。 また、後期シリーズで「め組」の長次郎に嫁いでくる”おぶん”も重要なキャラです。”おぶん”を演じた生稲晃子は天性の明るさでドラマを大きく盛り上げています。彼女の参加で「暴れん坊将軍」は一層、ドラマとしての魅力を増した、と言えます。 (雑談1)この数年、ドラマ化されていないのは残念。もし再ドラマ化されたら御庭番(女)には綾瀬はるかを起用してもらいたい。 (雑談2)最近、テレビで再放送されているのは主に1990年代以降に製作された第5シリーズ以降になっている。それ以前の古いシリーズも是非、再放送して欲しいものです。 (雑談3)「め組」の辰五郎を演じた北島三郎は忙しいスケジュールの中、よく撮影に参加出来たものだと関心させられる。それでも何回か欠番の回があった。これは致し方ないところ。 (雑談4)江戸城シーンは姫路城で撮影されている。しかし、吉宗時代には江戸城の天守閣は消失していた、と聞いた事がある。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
暴れん坊将軍 500回記念スペシャル 将軍琉球へ渡る、天下分け目の決闘!

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル