2006年7月15日公開

時をかける少女

1002006年7月15日公開
時をかける少女
4.1

/ 6,517

54%
23%
11%
4%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

高校2年生の紺野真琴は、自転車事故をきっかけに、時間を跳躍する能力を持ってしまう。その能力のことを叔母の芳山和子に相談すると、それは“タイムリープ”といい、記憶の確かな過去に飛べる能力だという。半信半疑の真琴だが、日常の些細(ささい)な不満やストレス解消などのため、むやみやたらに能力を乱用しだし……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(2,529件)

切ない15.9%泣ける13.9%楽しい12.4%笑える12.0%ファンタジー10.1%

  • disko

    5.0

    この映画を酷評してる人は

    間違いなく暗〜い青春を過ごしてきたオッサン笑 作中でいじめられてた奴みたいなキモい陰キャだったんだろうなー 大人になった今もストレスまみれの毎日で、若い奴向けのアニメ映画に携帯でぽちぽち批評家気取りの酷評 もう哀れの一言。

  • nisan

    2.0

    何じゃ、こりゃ?

    おじさんが知っている「時をかける少女」とは全然違った。。。弓道部じゃないし。 別の映画だとしても・・・何じゃ、こりゃ!でした。

  • loc********

    5.0

    ネタバレ初めてみました

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hi_********

    1.0

    有名な作品なので、期待しすぎたかも?

    終始真顔で終わってしまいました。 原作や他の方での作品なら楽しめるのかな? 背景とかは綺麗だけど、人物とかは汚く感じましたねぇ 細田さんの他作品も似たようなところはあるんですけど、とくにこの作品は人物が雑に見えました 主人公は「学生のとき、こんな子いたなー」っていう、あまり女ウケのよくなさそうなキャラクター とくに魅力もないし 声もちょっと甘くてビミョーだな 極めつけが最後の吐息&あえぎ声… 気持ち悪いですね 男の子二人も主人公よりマシなだけで、あまり魅力なかった 声が高校生?若者?を意識したようなのっぺり舌っ足らずな喋り方も気持ち悪かったなぁ 感動も何もなし まぁ、これは他の細田作品でも同じなので、私に細田さんが合わないだけかな

  • nor********

    3.0

    小中学生向けアニメ

    製作陣も自覚し、開き直って作ったガバガバ設定。ワンピース等と同様の、深く考えない人が楽しめる作品。 夏の絵と音の描写は素晴らしく、本当に夏の匂いが蘇ってくる。 時代遅れ感が半端ないが、原作の小説が登場した時代を考慮すると名作と言えるかもしれない。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
時をかける少女

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日