ニコラス・ケイジの ウェザーマン
3.6

/ 95

23%
33%
28%
12%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(42件)


  • kak********

    2.0

    我が子を守るために親が出来る事とは何か?

    どんな役でもこなすニコラス・ケイジがお天気キャスターになった映画。 さぞかし奇想天外な天気予報で大活躍と思ったのだが結果は”ダメ男”の物語で期待は裏切られた。 物語は、お天気キャスターで有名な男が、私生活では妻と別居したり、子供達と意思の疎通が上手くいかなかったりと、良くあるダメ男が描かれて行く。結局、自分への不満が爆発して夫婦げんかをしたり、きたない言葉で罵ったりするのだが、それが家庭に与える影響は大きい。 共演は、「ハリー・パーマー」シリーズや、「探偵スルース」で知られる大御所マイケル・ケイン、「アメリカン・スプレンダー」でポール・ジアマッティと共演したホープ・デイヴィス、そして、「アバウト・ア・ボーイ」でヒュー・ジャックマンと共演したニコラス・ホルトなど。 結局、テーマを突き詰めていくと「家庭とは何か」を問われている。家族の絆は父親が外で働いてくるだけでは生れないし、夫婦げんかなどは最悪で子供に与える悪影響の最たるものである。そして教育よりも大切なのは、いざという時子供を守る事が出来るのは親しかいないという厳然たる事実だ。 そうした、よくある人生の悩みを欠点だらけの男を通して浮き彫りにし、どうすべきかを示唆している真面目な映画である。真面目すぎたせいか日本では劇場未公開である。監督は、あの「パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン」シリーズを手掛けたゴア・ヴァービンスキーだけに、地味すぎる印象が強くなってしまう。 しかし、仕事と家庭の両立がうまくいかない人にとっては、身に染みる教育映画で、相手の欠点ばかり責めても問題は解決しないどころか、全て自分に返ってきてしまう事を学ぶことになる。責任逃れをしようにも家族という限られた集団の中では役割を分担せざるを得ないし、うまくいかないのは勉強不足だからだ。 見終わってみれば、梅雨時の天気のようにじめじめとした気の晴れなさだけが残る気分になる。こんな天気が続けば誰でも憂鬱になるに違いない。人生を楽しく明るく生きるには、家族と向き合って共に歩む姿勢を強く出さなければいけないのではないだろうか。それを伝えるために作られた映画のような気がする。

  • cur********

    3.0

    田舎者

    アメリカ系の飛行機の中で観賞しました。字幕抜きで見たので、理解できない部分もたくさんあったのですが、アメリカ社会の一端を見る思いがしました。ただ最後はウェザーマンとして成功するというハッピーエンド的なストーリー展開だったので、やはりアメリカ映画かなと思いました。ストーリーとは関係ないのですが、アメリカ東部の冬は寒くて大変ですね。映画のあちらこちらに冬のシーンが多く、競争の激しいアメリカ社会で生き抜く難しさがこの寒々としたシーンを引き立てていやした。

  • kih********

    3.0

    時にはバシーンと一発、雷のように。

     天気予報士なんですね。だけど、天気予報士だから、というお話でもなさそうです。どこにでもいそうな、フツーの人で、現代ではどこにでもいそうなちょっと気弱なお父さんって感じです。多少はハッタリでも、強がりでも、強い(頼りになる)お父さんを自己演出してもいいんじゃないでしょうか。  子どもに対してもすごく理解のある優しいお父さんなのですよね。それなのに、どうもうまく行きませんね。お母さんはしっかりしているのに、どうして他所に気移りするんでしょう。私はね、日本の古い男ですから、こういうのを見てるとイライラしちゃうんですよ。  そりゃあね、暴力はいけませんけど、(誰を、とはいいませんけど)バシーンと一発やってもいいんじゃないですか。このお父さんも知り合いのお父さんに身体ごとぶつかって行きましたよね。(暴力はいけませんけど)、それでよかったんじゃないですか? それがよかったんじゃないですか。

  • カッチン

    4.0

    親が子を想う気持ち、家族の絆(^_^)

     親が子に対しての愛情表現はそれぞれ違うものの、親はいくつになっても子を心配するのだろう。。。  天気予報のキャスターであるデイヴィッド(ニコラス・ケイジ)は問題児だが愛する二人の子供がいるも、妻ノリーン(ホープ・デイヴィス)と別れたためにパッとしない自己嫌悪な毎日を過ごしていた。。。人生の成功者でもある偉大な父ロバート(マイケル・ケイン)も無表情でデイヴィッドのやる事なす事に対し注意をする。。。  しかし自分なりに奮闘し100万ドルを稼ぐキャスターにヽ(;▽;)ノ 親が子を想う強い気持ち、愛情が涙を誘う映画…ニコラス・ケイジにしては珍しい内容の映画だった。。。

  • tha********

    5.0

    ネタバレ「人生はクソだ!」という言葉に救われる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hat********

    5.0

    現実を受け入れる手助けをしてくれる映画

    人生には自分の力ではどうにもならない,あきらめなければいけないことがあります。もしも,あきらめなければいけないのに,あきらめきれていない場合,この作品を観ると踏ん切りがつくかもしれません。 作中の主人公の悲惨な境遇と,「くそみたいな人生」「人生で捨てるものは多い」等の父親の含蓄のある言葉から,開き直って強く生きていく力を得ることができました。 目標は高いけど,いろんなことを捨てざるを得ず,冴えない男として精一杯生きていく決心をする主人公を見て,これが成長なんだなと思いました。 なんでもあきらめればいいというわけではないけれど,あきらめることが現実を受け入れることである場合,あきらめることも必要なんだと再認識させられた映画でした。

  • bad********

    5.0

    ネタバレ良いパパ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • k19********

    4.0

    マイケル・ケイン

    ニコラス・ケイジはハンサムなんだけど微妙。 しかし、少し情けない男を演じさせたら、この人 ほど「上手い役者」はいない。 情けない男だけど可愛い。 どうしてこんな可愛い男を捨てちゃうかな?あの嫁。 嫁に頼まれた食料品の買い物の、おつかいに行く道中、念押し された「タルタルソース」を唱えながら歩くシーン、最高でした。 しかも、いらんことを妄想したおかげで、すっかり忘れて 肝心のタルタルを買い忘れて嫁にキレられる・・・ 私はこのシーン3回観ました。 ニコラスがいいかんじなのでおすすめです。 タルタル買い忘れ事件が理由で嫁に離婚され 息子と娘は、それぞれ問題を抱えていて苦労の種。 敬愛する父親は不治の病。 仕事は転機を迎えているんだけど心が乗らない。 「こんなはずじゃなかったよな?自分の人生」って 誰もが思うであろう40代。 迷い多き40代の息子に慈愛に満ちた優しさで 人生の教訓を与える父親役のマイケル・ケインがやはり、素晴らしかった。 死期が迫ったマイケルがニコラスに語る車の中の会話のシーン。 涙が流れて仕方がなかった。 哀愁たっぷりのニコラスも素敵だったし 「この人が父親だったら私の人生、違ってたかも」と 思ってしまうほど素敵なお父さん役のマイケルの重厚な存在感。 やはり 哀愁のある男、ニコラスは好きだ。

  • esp********

    4.0

    ネタバレニコちゃんの天気と人生予報

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • min********

    4.0

    こちら降水確率ゼロでした・・・・

    しかーし!雨ふってます(--;; ニコラスさんはお天気キャスターであります。 テレビでニコニコしてお天気おじさんやってます。 しかーし、道を歩いてますと色んな物をぶつけられます; テレビに出てる人の宿命でしょうか? 天気予報がはずれたときの腹いせでしょうか? ニコラスさんは家庭の問題も抱えてられます。 これは「明日はわが身」の世界です。 ニコラスさん夫婦の喧嘩の理由・・・・ありえる事なので注意したいです。 マイケル・ケインさんがニコラスさんのお父さんやってます。 堅物親父です。 でも親子愛があります。 こんなニコラスさん、いい感じです。 ・・・・ラストは、ちょっと可愛そう・・・・

  • art********

    5.0

    シカゴの天気を占うより人生予測が難しい

    超えられないくらい偉大な父親を持つというのは、その子供というのも気苦労は絶えない。エディプスコンプレックスというものだろうか。 ニコラス・ケイジが演じるローカルテレビの気象予報士が心無い視聴者に侮辱を受けるのだが、それに気を已む主人公の小市民ぶりにくすりと笑いつつもその小ささゆえに必死に人生を勝ち取ろうとする姿勢に次第に心を打たれるようになる。 そんな主人公にピューリッツアー賞を受賞した父親の滋味深い言葉が彼の心に沁み込む。 人生はクソッタレだ。 捨て続けるのが人生なんだ。 でも、親の愛情は別だけどね。 主人公は今日も明日の天気を予想する。 だが、誰もが自分の人生を「予報」することは出来ない。

  • WONKAVATOR

    4.0

    ハリウッド版 石原良純物語

    日本公開の予定が無さそうだったので、2006年に海外でDVD購入で鑑賞。 結局その後も国内で公開は無くDVDのみでひっそりとリリースされたようだけど... 気象予報士の冴えないニコラス・ケイジが、どう見ても石原良純! 設定的にも、その父親はマイケル・ケイン演じる有名作家=慎太郎 石原親子を題材にした映画にしか見えて来ない。 日本劇場未公開はこの辺に気を使っての事なのかと勘ぐりたくなる程... ダメ映画への出演が目立つニコラス作品の中ではダントツの出来! パイレーツ・オブ・カリビアンと同じ監督って... しかも1と2の合間にこれ撮ってるし... この振り幅は一体... 僕的にはパイレーツよりも断然ウェザーマンを推します。

  • byp********

    2.0

    ヨレヨレのニック・・暴風の中の如し

    台風が関東を通過いたしました。 最近の天気予報の確率は上がったように 思えますが、何かと・・難しいのが予想ですね。 先の地震速報で夏休みのラジオ体操がいきなり 途中で切れた・・とボヤいていた近所の お子様たちのことが思い出されます。 お天気キャスターに扮したニコラス・ケイジが人生も 天気予報のように、思い通りにならない様子を かなり暗いキャラクターで演じています。 私には、向いていない映画・・・だったかな。 ニコラス・ケイジ出演の良作な映画群の中にあっては 良い作品だとは、思えなかった。 主人公の暗い人格を描ききれていない感じも。 暗い中にも、同情する部分をもう少し上手に、 表現できれば みている側との距離感が縮まるのかもしれないけど・・ 「アダプテーション」の様な深みはなく 「マッチスティックマン」の様なナイーブさは  見つけられなかった。 正直、ニコラスの無駄遣い・・な感じ。 そこには、ただヨレヨレになったニックがいただけ。 汚い言葉の連呼には、正直、嫌気が・・・ 強い言い方のFワードや、人を罵倒するような 口調は、鼓膜に圧力を与えられているようです。 でも、良かった部分もあります。 「アバウトア・ボーイ」で少年役だったニコラス・ホルトが 将来有望的な成長過程にあるのを確認できた事と 人生は天気予報と同じように、思った通りに運ばない というメインなテーマの部分を感じられたこと。 その反動なのか・・的がはっきりと見て取れる アーチェリーに主人公が没頭するさまが 主人公の相反する精神状態を表しているようで 良かったです。 好みだとは思いますが、耳に悪い映画・・ ということは間違いないです。

  • den********

    3.0

    世の中すみからすみまでとことん不条理

    雪に覆われた冬の大都会は美しいけれど、アーチェリー場の動かない鹿たちの目がとっても悲しい。人間たちのストレスという矢をいっぱい受けて。 映画の定石は世の中の不条理。世の中の常識が映画では非常識。 これくらいすっきりしない映画もめずらしい。せっかく「アーチェリー」という象徴的なものを登場させておきながら、その後の「活劇」を夢見る観客の期待をみごとに裏切ってまで不条理に徹した手法が見事、なのかな? 広大なアメリカ大陸にくらべて、なんともちっちゃいこの日本列島。 でもそこに住んでいる人間はどこもかしこもおんなじだ。 そして「お天気屋さん」たちも、かな、どうかな?

  • mat********

    3.0

    ネタバレニコラス

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tak********

    4.0

    ネタバレとぼけた感じのニコラスケイジ、ハマり役!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • shi********

    5.0

    ネタバレ凄く良い!!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cad********

    5.0

    隠れた名作だ!!

    変なタイトルだなと思いつつ借りてみたけれどこれが面白かった。シカゴのウェザーマン(天気予報士)である彼が全国ネットのTVに出る夢を抱きつつも、家族から疎外感を感じてしまい・・巧妙な人物設定、ストーリー展開、久しぶりに面白い人間ドラマが描かれた映画を見た気分になりました。 普段ニコラスケイジを見ると、またこの大根役者かと思うんですが、この映画での彼ははまり役でした。彼がヒーロー役などやってるとなんか自分は違和感を感じるんですが、こういう人間的に深みのある役をする方が魅力的に見えてきます。  自分も経験したことのあるような困難に立ち向かっていく彼を、自然と応援したくなりました。映画が終われば貴方の悩みやイライラした気持ちもきっと癒されているでしょう。

  • buc********

    4.0

    『今の自分が 自分』そう思えた時

    手に入れたいもの。 ”それ”が叶うと信じた気持ち。 こうすれば こうなる。 こうなれば ああなる。 これで、きっと叶う・・・。 一つ夢が叶ったからと言って その先が 自分の思い描いた通りの人生だとは限らない。 そうなると想像し続けた気持ちが打ち砕かれ 信じて疑わなかった”来るべき未来”が不可能だと悟った瞬間。 自分の中で予定していた全てが ガタガタと音を立てて崩れる。 そして 立ち上がる自信も気力も失せて ただただ途方に暮れる・・・。 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ この作品の主人公デイヴィット(ニコラス・ケイジ)は、とあるローカルテレビ局のお天気キャスター。 そう。”ウェザーマン” 初めてテレビに出た時に 局部長から”この方が面白いから”とデイヴィット・スプリッツ(SPRITZ=小雨)と命名された この妙な名前のせいなのか 顔がさすと時々彼を茶化す街人から突然ジュースだの何だのを投げつけられる事しばしば・・・。 それでも年収はそう悪くない。 だが私生活では妻に別れられ、父親との関係もしっくりこず、愛娘にも色々問題があって・・・。そんな悩み多き毎日、父親が病に侵されていて先が長くない事を知る。。。 ニコラス・ケイジはこういう少し情けなく頼りない男の役も似合いますね。 ちょっとボーッとしてて、どこか信用出来なくて、でも彼なりに頑張ってるんだけどシャキッとしない・・・。 噓をついたり、裏切ったりして『絶対的な信頼』をおけないところがあるから、妻に愛想尽かされてるのに、それすら理解出来ていない・・・。 彼女だって最初は出来ればやり直したいと思っていたハズなのに、約束・誓いを守らず自分を責めるデイヴに限界だって感じます。 そんな彼を見ていて”違うでしょ~ そうじゃないでしょ~・・・””それじゃダメでしょ~”と情けなくなりました。 そんな中 デイヴの父親役をしていたマイケル・ケインが、挫折を味わう彼に向かって言う台詞が『人生の先輩』らしくて良かったです。 数々の素敵な台詞の中でも”そうだよね”と思えた言葉。 『価値あるものを手に入れるには犠牲が必要だ 困難を伴うことと 正しいことは大抵の場合同じだ 簡単に叶うことは少ない それが人生ってものだ』 そう、それが人生。 自分にとって『価値あるもの』とは何か。 それを手に入れる為の『犠牲』に誤りはないか。 もしそれが叶わなかった時 その後どう歩いていくべきか。 そして最後の最後 『今の自分が自分』 そう思えるようになった時 次の一歩を踏み出せる。 そう思えた時 変わる何かがある・・・。 そんな事を感じた作品でした。

  • いやよセブン

    3.0

    ニコラス・ケイジには合わない

    この映画、家族関係の全体像が掴めたと思ったら、あとは知らん、みたいな展開。 マイケル・ケインはさすがというか存在感があって台詞に重みがある。 主人公の子供から大人への脱皮がテーマだと思うが、消化不良。 監督がパイレーツだからこんなものか。

1 ページ/3 ページ中