ここから本文です

ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男 (2005)

STONED

監督
スティーヴン・ウーリー
  • みたいムービー 48
  • みたログ 251

3.57 / 評価:74件

最後のテロップが表示された時に・・・

  • sap******** さん
  • 2006年8月20日 18時51分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

無意識にこみあげるものを感じ、泣いてしまいました。ブライアンは天国から世界一のロックバンドとなってしまった今のストーンズをどう見ているのかなと感じてしまったのかもしれません。

ブライアンの死の真相は未だに様々な意見があり、また、関係者も存命している中、良くぞこれだけの作品を作り上げたなあと感嘆を禁じえません。とはいえ、ブライアンの凶気には触れていてもアーティストとしての凄さにあまり(というか殆ど)触れていないので、彼のことを知らない人達には、ブライアンがどのように映るのか、ちょっと怖いです。総合評価を下げた理由はそこにあります。

わたしにとって、ブライアンは20年以上の心のアイドルです。彼以上のカリスマは、これまでもそうだし恐らくこれからも登場しないでしょう。そして、彼を扱った映画もそうそう作られないでしょう。そういった意味では貴重な作品といえます。それだけに、DVD化するときは特典をどっちゃり期待します。お願いします。

あと、これはご参考なのですが、この映画を見る方に意識していただきたいことは、ブライアンの母国イギリスは階級社会であることで、階級の違いからの齟齬、というのはイギリスではよくある事です。それを分かって見るのと見ないのでは雲泥の差だと思いましたので、付け加えました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ