ここから本文です

エンター・ザ・フェニックス (2004)

ENTER THE PHOENIX

監督
スティーヴン・フォン
  • みたいムービー 27
  • みたログ 56

3.35 / 評価:17件

スティーブン・フォン監督デビュー作だが?

  • hoshi595 さん
  • 2011年11月10日 16時56分
  • 閲覧数 510
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

香港映画らしいコミカルで楽しいアクション・コメディ。

物語はマフィアの抗争や跡目争いといった内容ながら、
”笑い”を織り込み深刻さや残虐さはなく安心して
楽しむ事が出来る。

主演は、アメリカ出身の異色スターである、ダニエル・ウー。
国際色の強い香港映画界には欠かせない存在だ。

ところが、本作品は「ジェネックス・コップ 」の
スティーブン・フォンが監督兼脚本に出演まで務めているの
だが、今一つ役者の持ち味が活かされていない。

唯一変わらず元気なのが、「クローサー」で女刑事を好演の
カレン・モクで、いつも新たな面を見せてくれる。

共演では、「インファナル・アフェア」シリーズ三部作の
キョン役を熱演のチャップマン・トーも出演して笑いを誘って
いるのだが、キョン役が良すぎて他の映画では平凡に感じて
しまう。

また、製作総指揮は、あのジャッキー・チェンが務めている
のだが、アクションの場面で”らしさ”を感じた以外は特に
目立った点はなかった。本人はカメオ出演でサービス精神を
発揮しているだけである。

結局、軽い娯楽作品で面白い要素を少しずつブレンドしている
ので、それなりに楽しめるのだが、欲を言えば少し物足りなさも
感じてしまうので、重厚な作品を観たい人向きではない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ