ここから本文です

OVERCOMING ツール・ド・フランス 激闘の真実 (2005)

OVERCOMING

監督
トーマス・ギスラソン
  • みたいムービー 5
  • みたログ 14

3.25 / 評価:4件

OVERCOMING ツールド・フランス

  • movie_shin_chan さん
  • 2008年11月15日 23時25分
  • 閲覧数 257
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

今年はCSCが制覇したんですが。
この映画はまだランスアームストロングが現役でしかも連勝を続けていた頃(2004年)のCSC。
「勝利」に向けて、ストイックに、ただひたすらストイックに戦い続ける男たちの物語。
とうぜん、全部実話、ノンフィクション。
今年の覇者カルロスサストレが妙に若い。
よくこの映画のキャッチコピーが「ツールの光と影」とか「ツールの裏側」とかいうのを目にしますが。
なんだか「どす黒い」イメージのキャッチなんですが。
よくよく考えてみれば普段Jスポーツで観ることができるツールなんて、全体の3分の1ぐらいなんだなぁ、ってしみじみ思う作品。
影や裏側なんかじゃなくて「ツールそのもの」なんだと思う。

まぁ、あまりに強すぎるランスを悪役にしちゃってるのは「ちょっと影」な部分かな?(笑)
自分も自転車競技をやる人間なので少しだけでも同じ匂いを嗅ぐことができる。(はず)
「僕らは自転車以外のことは何も解らない。」という言葉に感動。
自転車の上では鬼神の強さを誇る彼らが自転車を降りると、まるで子供のように「脆く」「弱い」。
サストレ、イヴァン、どいつもこいつも「超チャリバカ」だ。
かっこよすぎる。
CSCの監督も凄いもんだな、まるで牧師か?
年間8000室の部屋を予約して世界中をチームで移動する、プロ選手チーム。
そりゃ家族と離ればなれになり年中怪我だらけ。
精神的にもタフでなければとてもやっていけないよなぁ。
まったく肉体だけでなく精神面でも「常人ではない」とほとほと感じた。
真似できんっ!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ