2006年9月16日公開

出口のない海

1212006年9月16日公開
出口のない海
3.0

/ 485

9%
26%
35%
20%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1945年、敵艦の攻撃を避けながら海中を進む1隻の潜水艦内に待機する4人の若者たち。彼らは人間魚雷“回天”に乗って敵艦に激突するという極秘任務を帯びており、艦長の出撃命令を待っていた。そんな中、甲子園の優勝投手だった並木浩二(市川海老蔵)は野球に熱中していたころや、戦争に行くと決めた日々を思い出す。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(356件)

切ない25.0%悲しい22.6%泣ける18.1%絶望的12.7%勇敢9.0%

  • lud********

    2.0

    セオリー的な作品

    この手の作品ではセオリー的な内容であって、いささか飽きてしまう。 印象に残るシーンがなくて最初から最後までたんたんと進む。 とくに評価点は見出だせない。 2006年ということで、すでに15年前の作品であるが出演者にも特に変わりはない。その点でも感慨はない。

  • katanarider

    3.0

    時代考証が良いようで甘い・・・。

    地元在住ですが、幼少時より「回天」には少なからず縁があります。 考証で気になった点がいくつか。 ①主人公の母親役の古手川祐子の髪が茶髪すぎる。  当時は時代的にパーマでさえ禁止であり、髪の染色等考えられない。 ②同じく、古手川祐子が指輪をしていたような。  日常で光り物の装飾品を身につけることはなく、貴金属は供出していたはずである。 ③主人公と恋人が二人で歌う、学徒動員の唄「あゝ紅の血は燃ゆる」のリズムとメロディーが原曲と違いすぎる。  私の実母が今なお口ずさむ同曲には個人的に思い入れがあり、その崩し方には首をかしげたくなる。 以上、重箱の隅をつついて申し訳ありませんが、「回天」を知らない世代には十分な映画でしょう。

  • のんぽち

    4.0

    ネタバレ海老蔵がさわやかなんだな

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cyborg_she_loves

    1.0

    偽善映画

     あの結末は、並木少尉に遺書を書く時間を与えるためだけに作られたセッティングで、ここで観客よ、さあ泣け、というわけでしょうが、あの死に方は他のどんな訓練中にも起こりうる一般的な事故死の一種にすぎず、回天という兵器の愚劣さ・狂気を表現するシーンに全然なっていません。自動車でも飛行機でも機器の故障で乗員が命を落とすことはありえます。  回天という兵器の不条理さの表現も、ぜんぜん不十分ですね。レーダーを持たないゆえに、航行中の艦船に命中させるには、一度浮上して潜望鏡目視で相手の進行方向と速度を観測し、命中予測時の相手艦船の位置を計算し、潜行してストップウォッチを見ながら目標時間に正確に目標位置に達するよう進行方向と速度を調節しながら操縦するという、それこそ野球に例えたら、外野手が、飛んでくる打球の方向と速度を目視で見定めておいてから、目をつむったまま方向と速度を調節しながら落下点まで走っていってキャッチする、というのに近い技術が必要だったこと(要するに、発射された回天の大半は命中しなかったということです)。  母艦潜水艦の側も、回天や相手艦船の位置を正確に特定する手段を持たなかったため、回天発進から30分以内に爆発音が聞こえたら命中と見なす、1時間前後の爆発音なら燃料切れの時間と一致するので自爆と見なす、などという、まったく曖昧な推測で戦果を報告していたこと(人間を乗せて爆弾を発射しながらその結果がどうなったか正確には誰も知らないなんて、「犬死に」どころかゴミ同然じゃないですか!)。  そういうことが、まったく描かれていませんね。非常に残虐な兵器ではあるが、しかし乗員はあくまでお国のためにみんな一定の戦果をあげて命を落としたのだ、という意識で作られている。ゴミ同然に海底の藻屑となって何の意味もなく死んでいったたくさんの人たちがいたことが、なんにも描かれていない。  熱演された出演者の皆さんには気の毒ですが、偽善映画だと思います。

  • tom********

    1.0

    ネタバレ特攻は作戦とは言えない

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


上野樹里鳴海美奈子
塩谷瞬伊藤伸夫
柏原収史佐久間安吉
伊崎充則沖田寛之
黒田勇樹小畑聡
平山広行剛原力
尾高杏奈並木幸代
永島敏行馬場大尉
田中実戸田航海長
高橋和也剣崎大尉
嶋尾康史「ボレロ」のマスター柴田
香川照之鹿島・イ号潜水艦艦長
古手川祐子並木光江
三浦友和並木俊信

基本情報


タイトル
出口のない海

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日