レビュー一覧に戻る
オトシモノ
2006年9月30日公開

オトシモノ

942006年9月30日公開

takaさん

3.0

若槻が良い役すぎる

とある日に妹の友達が駅で定期を拾った事から 物語は始まり、その友達が突然と姿を消す。 ホラー映画にしては子供が標的となった作品で 子供って無邪気さがあるから怖いんだけど クリーチャー化したらさらに怖いw オチがちょっとあれだけど 何か妙に友情をテーマにしたいのか 単なるホラーを見せたいのかが曖昧でした。 最後の方は少々無理があったような演出でしたが ハッピーエンドかな?って感じの終わり方。 駅員の小栗はちょっとやりすぎたかな。 あんな終わり方しなくても・・・

閲覧数3,499