ここから本文です

バベル (2006)

BABEL

監督
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
  • みたいムービー 8,428
  • みたログ 1.5万

2.94 / 評価:3,712件

見た後に良い余韻がただよう作品と思う

  • tam***** さん
  • 2018年5月21日 22時50分
  • 閲覧数 3124
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

広い世界の三カ所で起こってることが、実はつながりがあって、各々の場所ではお互いの意思疎通がうまくいかない故に悲しいことや、良かったことが起こっている。世界はどこに居てもリンクしているし同じ問題を抱えているんだよって言いたいのかなと思った。バベルの塔の話は神様が人間の言葉をそれぞれ変えたので意思の疎通がうまくいかずに混乱する話だけど、この世の中自体がバベルの塔の世界そのものじゃないかって監督のメッセージなのかなって思った。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ