ここから本文です

バベル (2006)

BABEL

監督
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
  • みたいムービー 8,427
  • みたログ 1.5万

2.94 / 評価:3,704件

日本パート不要。バベル無関係。

  • lad***** さん
  • 2018年6月15日 20時16分
  • 閲覧数 5001
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

チエコみたいなJKいねーよ。100歩譲っていたとしても、レアケースだから、普通じゃないから。
エンコーとかコギャルとか海外でも有名みたいだけど、少数派が目立ってるだけなのにチエコが日本代表女子みたいじゃないか。
日本にだって可愛い女の子いぱいいるよ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

チエコの親父もおかしい。
「持たない 造らない 持ち込まない」の非核三原則の教育を幼い頃から受け、銃の所有も世界トップクラスの規制を授けている日本人がそんな簡単に銃扱うかっつうの。銃所持許可は更新しなければいけないのに、どーすんの?更新時に「いやーモロッコで譲って来ちゃったからないんですよーてへ」て言うの?だいたいどうやって国外に持ち出したの?そんな簡単に出入り出来るもんなの?持ち込んだワケじゃないからいいの?核じゃないから銃はオッケーなの?
更にその銃で奥さん自殺したのよね?世界には簡単に銃の譲渡しちゃう人もたくさんいるかもしれないけど、妻が自殺に使った銃にしては扱いが雑ってのは万国共通の感想では?忌まわしい記憶の銃を手放したかったにしては、悲壮感足りないし。

バタフライエフェクトでも狙ったんだろうけど、やはり銃関係で日本絡めるのは無理がある。
日本人が被害者観光客やった方が自然だった。銃国家米国だったらマシンガンの一つや二つ知らないうちにモロッコに流れちゃってもおかしくないんじゃない?少なくとも日本人はそんな雑なことする民族じゃない。


そして、本筋のテーマですね。
コミニュケーション不全ですか?言葉は通じても互いの気持ちを伝え合えないて言いたいの?
バベル関係ある?
だって同じ言語持ってても気持ち通じないんでしょ?でも同じ言語が通じなくても気持ち通じ合せることできるんでしょ?
だったら、神様が人間に与えた罰て無意味だったってことじゃない?罰あってもなくても人間はほっとけば同じ苦悩を味わうのだから。
つまり、神が言語を作らなくても、日本人親父はモロッコで銃簡単に譲渡し、モロッコ少年はその銃でアメリカ人を撃って、メキシコ家政婦は砂漠に子どもを置き去りにするのだ。
バベルの塔は関係ないのだ。
神様だってこんな身勝手な人間が勝手に起こしたいざこざにバベル引き合いにされていい迷惑ですよ。

…めちゃくちゃおかしなことになってるけど…。何か解釈間違ってんだろうか…。


ところで、バベルの塔の建設者は日本人じゃないかと思う。建設してなくても発注者とか最高責任者取らされる立場。
日本語だけ発音も文法も他の言語とかけ離れているもん。きっと1番神様のご機嫌を損ねた民族だったに違いない。
チエコが聾唖者だったのは、日本が最も言語の壁が厚いという意味だったとしたら、ここだけはバベルの塔の神話とリンク出来る。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ