ここから本文です

麦の穂をゆらす風 (2006)

THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY

監督
ケン・ローチ
  • みたいムービー 488
  • みたログ 1,481

4.12 / 評価:421件

自分が大事にする人でさえ

  • warawarawa14 さん
  • 2010年2月9日 22時59分
  • 閲覧数 202
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

アイルランドの歴史は
常に他国(英国)の侵略の繰り返しです。

20世紀に入ってようやく、
独立を遂げるのですが、
そこに向かう過程は、本当に苦難の連続です。
そして今現在でさえ、北アイルランドは、英国領です。

市井にくらす人々の、侵略に対する怒りと恐怖、
そして暴力が暴力を生む連鎖から
なかなか脱することのできない、悲しみ。
挙句の果てには、自分の家族、仲間でさえ、
手にかけなければいけない地獄。

そうした光景が、実にきっちりと描かれています。

日本は幸いにもこうした歴史がないので、
なかなか感情移入できない方も
多いとは思われますが、
世界中では、民族闘争など、今なお
続いている問題なのです。

やはりカンヌ最高賞納得の映画、
ラストは思わず涙しました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ