ここから本文です

ラブ サイコ/妖赤のホラー (2006)

監督
岡嶋寛人
  • みたいムービー 0
  • みたログ 4

未評価

解説

ネット発信のホラー映画プロジェクトとして人気を集めている「角川ホラーシネマ」のショートホラー第3弾。 本シリーズで原案や脚本、音楽などを手がけてきた岡嶋寛人が、 佐藤めぐみ、小阪由佳といった若手女優を主演に迎え、テーマの異なる4作品を監督した。剥き出しの本能と欲望に焦点を当てながら女たちの愛と狂気を浮き彫りにする。同時公開作品として、『輪廻』で清水崇監督と共同脚本を務めた安達正軌監督の “ラブ サイコ/狂惑のホラー”がある。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

山で道に迷ってしまった男が途方に暮れていると、突然、若い女に声をかけられ「村はすぐそこだ」と教えられるのだった。男は命が救われたとばかりに、急いで山を降りようとするが、そこへ別の女が現れ、「正しい道はこちらです」とさっきの女と違う方向を指差すのだった。(”妖赤のホラー”『二人の女』より)

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ