レビュー一覧に戻る
親指さがし
2006年8月26日公開

親指さがし

962006年8月26日公開

na7********

2.0

ネタバレやっちゃった感満載

(過去レビューから引用) ど~して邦画って原作の良さをつぶしちゃうかなぁ?ってのが正直な 感想ですね。(但し、自分は「親指さがし」の原作は読んでいない。 しかし、話の大筋を見た限りでは自分の好きな部類の面白い作品なの ではないかと想像してます・・・・勝手な妄想で失礼w) 早い話、自分が小さい頃流行った(?)「コックリさん」と同系統の 遊びと、田舎によくある(?)呪い系都市伝説がミックスされた題材 的には面白い話だと思うんです。でも、これじゃぁねぇ・・・ 工エェェ(´д`)ェェエ工 違う話になってしまいますが、同じホラー系で「黒い家」という作品 がありますが原作は非常に怖い。物語後半は、怖いにも関わらず文面 から目を逸らす事が出来ない程・・・しかし、映像作品になった途端 「何じゃこりゃ?」ですよ・・・ o(;-_-;)o 「親指さがし」も恐らくその流れである事は、想像に難くない。Wiki で見た限り、原作と変更している部分があると書かれているがそれが 悪い方向にいったとしか思えないんだよなぁ・・・ (以下ネタバレ) ・各俳優さんの表情から、恐怖感が全く伝わってこない。特に主役の V6三宅君・・・・「輪廻」の優香ちゃんの演技を見習うべき(三宅 君ファンの方ごめんなさい。) ・いくら田舎とはいえ、廃ホテルが8年もそのままってのも、どうか と・・・オマケに少女行方不明事件の現場だったんだからさぁ・・ ・小学校しかも高学年であれば、いくら隠れると言っても、その場所 の安全性くらい認識出来そうなもの・・・隠れてた時になぜ落下して しまったのか、の描写があればなぁ・・・物語の重要なイベントなの にさ・・・ ・サキの呪い、取ってつけたように出てくるので困惑しちゃいますよ ・由美子ちゃんが発見されるエアダクト・・・なんで、あの形のもの が部屋の中にあるかなぁ?(いくら朽ち果てた建物とはいえ、天井に あれが通るような構造だったのか?) その他、細かい事をいえばキリがないんですが(苦笑)ツッコミ所が 満載であるのは間違いありません。(え?) もう原作を大きく変えてしまうかも知れませんが、よくあるパターン として、主人公の武が、過去の出来事からくる良心への呵責に耐え切 れず「多重人格」となり、クライマックスに向けてその狂気が暴走、 殺人を犯していくが最後の場面で、全ての過ちに気付き、窓から・・ てなオチにして、更に人間の狂気をもっと前面に出せる俳優さんが 演じれば、面白い作品になった気がするのは自分だけでしょうか? ( ´∀`)っ旦~ ※エンディングテーマが英語ってのも、なんだかなぁ・・・

閲覧数3,754