ここから本文です

親指さがし (2006)

監督
熊澤尚人
  • みたいムービー 66
  • みたログ 511

2.54 / 評価:207件

解説

山田悠介の同名小説を映画化したサスペンス。小学生のころ、“親指さがし”に興じて友人を一人失った同級生5人が、20歳の同窓会後何者かに次々と襲われる恐怖を描く。失踪した少女を探す責任感の強いリーダー役をV6の三宅健が好演。『チェケラッチョ!!』の伊藤歩や、『男たちの大和/YAMATO』の松山ケンイチら若手人気俳優の熱演が光る。若者たちが協力して長年の呪縛を解いていく様は圧巻。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

8年前“親指さがし”というゲーム中に同級生の由美子(小野明日香)が行方不明になる。20歳の同窓会で当時の仲間の信久(尾上寛之)や知恵(伊藤歩)らと再会した武(三宅健)は、もう一度5人でゲームをして由美子を捜そうとする。当日は何も起きなかったがその翌日、信久が親指を切られて殺されたという知らせが入る。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ