ここから本文です

ロスト・ストーリー ~現代の奇妙な物語~ (2005)

Stories of Lost Souls/The Same/Supermarket

監督
マーク・パランスキー
トア・スタッパー
デボラ=リー・ファーネス
イリアナ・ダグラス
コリン・スペクター
アンドリュー・アプトン
ウィリアム・ガルシア
  • みたいムービー 18
  • みたログ 195

1.50 / 評価:113件

7つのエピソード

  • NZT さん
  • 2013年11月10日 14時00分
  • 閲覧数 537
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

7つのエピソードからなるオムニバス映画。

1.
低身長にコンプレックスを持っている恋する男。
ふとすれ違った長身の男(ジョシュ・ハートネット)に見下ろされのをキッカケにコンプレックスがより高まる。そして常軌を逸した行動に…
セリフは一切なく、映像で伝える演出は思いの外悪くなかったです。

2.
バーで飲んでいる男。
そこへ災難の一日だったと言う男が現れる。
どんな災難だったかを当てれば車をあげる。その代わりハズレたらその都度酒を一杯奢ってもらうという美味しい条件を出してくるが…


3.
映画館で人気映画のチケットを手に入れよう並ぶ客。
紳士なイメージのあるヒュー・ジャックマンが高齢者に対するあの振る舞いは可笑しかったです。

4.
映画の仕事が無くなったイリアナ・ダグラスが仕方なくスーパーのレジ店員をするという設定。
そこで彼女のファンだった何人かの客と出会う。
落ち目になっても応援してくれるファンは温かくていいですね。


5.
友達の恋人の友達の家のパーティーでの男女の出会い。
キーラ・ナイトレイが可愛かったです。

6.
ラスト、ケイト・ブランシェットがストレスのキャパシティオーバーで壊れる様(演技)は必見!

7.
アルコール依存症の夫。
目が覚めたら家の中の家具は全てなくなっていて妻子供(赤ちゃん)もいない。そして妻から電話がかかってきて、あなたとは離婚だわ!と罵声を浴びせられる。
が、実は…

全体的に思っていた程悪くなく、楽しめました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ