ここから本文です

パビリオン山椒魚 (2006)

監督
冨永昌敬
  • みたいムービー 155
  • みたログ 824

2.26 / 評価:168件

映画版模倣犯を超える超ウルトラ級駄作

  • ban***** さん
  • 2017年12月5日 18時19分
  • 閲覧数 542
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

何度もギブアップしかけたが、
レビューを書きたい為に
最後まで諦めないで意地で
見終わる事が出来た。

私の個人的な感想としては
映画館やTV放送で大不評を食った
映画版模倣犯を超える
史上最悪の超ウルトラ級の駄作と
認定した。

1、ストーリー展開が滅茶苦茶で
何を表現しているのか全く理解できない。

2、台詞回しに関連性が見出せない。
次の役者が前の誰の台詞を受けての
表現や主張なのか、皆目見当が付かない。

3、結局キンジローを盗んだのは弟だったようだが
どうして、何の目的で盗んだのか、
理由や主張が回収されていない。

以上の事から、私の憶測だが、
監督と脚本家は
一本も自主制作映画を撮った事が無い
ただの「映画界の幼稚園児」
というか「ど素人」
だったと断定
しても良いかと思う。

こんなに観る時間を無駄にした
映画も珍しい。

観て損する映画でナンバー1が取れそうな内容であった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ