ここから本文です

パビリオン山椒魚 (2006)

監督
冨永昌敬
  • みたいムービー 156
  • みたログ 825

2.26 / 評価:169件

       〔 ジ 〕

  • hamutyu さん
  • 2008年9月12日 19時08分
  • 閲覧数 454
  • 役立ち度 32
    • 総合評価
    • ★★★★★

 SARAMANDREとよばれしキンジロー


本物か偽物か骨折の跡があるオオサンショウウオのキンジローは、
特別天然記念物の価値のあるえら~い生きものをめぐるお話。


天才レントゲン技師とよばれるオダジョーの絶妙な人物設定。
二宮家の人間関係、サラマンドル・キンジロー財団と第二農響との関係。
どこかドロドロとしたサスペンスを匂わせ、ヌメッとしたキンジローの仕草と
感情表現をする泡がうわわわわ…とても可愛い。でも150歳うぎっ!


日本のジョニデ化しているようなオダジョーの七変化に目を丸くしながら、
彼の魅力でいっぱいの作品。

しかし、作品自体は後半はエンドレスで・・・・・・・・・・・・・・?????。
ストーリーを追う事ができなかった。


人生も恋愛も案外デタラメにできていて、思いがけない偶然がきっかけで
出会ったり、くっついたり、離れたりと考えるような突発なカップルが誕生。
周囲はドタバタと無駄と贅沢が混同し、楽しいんだろうけど取り残されたような感じ。


ようするにあまり考えずに、理屈を並べず、
その飛びまくっている世界に一緒に入ってしまえばいいのである。


 〔ョ〕につづく。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ