2006年7月15日公開

それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ

702006年7月15日公開
それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ
4.2

/ 63

63%
17%
8%
2%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(36件)


  • tat********

    5.0

    ネタバレアンパンマン歴代映画最高傑作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mhm********

    5.0

    アンパンマンのマーチ

    アニメアンパンマンで使われる歌詞は2番の 「なにがきみのしあわせ なにをしてよろこぶ」 なのだがこの映画では1番の 「なんのために生まれて なにをして生きるのか」 の方が使われている。 多くのアニメは主題歌の1番の歌詞が使われていると思うのだがアンパンマンのマーチの1番の歌詞は子供向けアニメとしては重いため普段は2番が使われているという。 しかし「いのちのほしのドーリィ」は作者やなせたかし曰く「命の重さ」をテーマにして作られているため劇中で歌調も重々しく1番の歌詞が用いられどちらかというと大人向け仕様となっている。 なぜアンパンマンは生きるているのか? なにをして何のため生きるのか? 導き出したアンパンマンの生きる道の答えは自己犠牲なのだが 命とは?自分は何のために生き、なぜ生きるのか? を世に問う作品となっている。

  • rem********

    1.0

    微妙・・・

    何か微妙でした。

  • rem********

    2.0

    うーん・・・

    子供も満足した様子ではなかったです。

  • rem********

    1.0

    使い古しの物語

    いつも同じで飽きてしまいます。

  • rem********

    1.0

    ゲド戦記以下

    娘と見ましたが、ゲド戦記の方が良かったと言っていました。

  • yuto

    3.0

    泣いた。

    メッセージ性は少し偏りがあったと思いますが、とても考えさせられる内容でした。 どんなに周りに迷惑をかけても、役に立たなくても生きていて良いんじゃないかな。 人形ではなく、ハンディキャップを持ってる子に置き換えるとどうだろう。

  • しんとな

    5.0

    大人向けです

    これぞアンパンマン! という作品ですね 何度も見れます 観る度に考えさせられます たった1時間弱ですが、 人間の本質的な事を単純に伝えているところ人類の普遍的なテーマの答えを与えているところなど もしかしたら子供の方が素直な心で受け入れる事が出来るかもしれませんね 本当の自己犠牲や人の身勝手さが上手に表現されています メッセージ性の高い 奥行きのある作品だと思います 素直な大人向けですね^^ 感動という言葉だけでは薄っぺらく感じるほどの作品です 理解しようとするのでは無く心で見る作品かもしれませんね 的が外れていない人は必ず泣けると思います

  • daa********

    5.0

    泣きました

    子供向け映画というくくりから逸脱している感動作品。 アンパンマンかっこよすぎる。

  • せぷ

    5.0

    大人の方に是非

    見終わった時に、園児対象?!と思ってしまったほど奥の深い映画です。 何のために生まれて、何をしていきるのか。 自分のためだけに生きるドーリィを女優の安達祐実さんが演じていますが、上手い!! ちょっと生意気に、でも寂しがり屋で愛らしさもある難しい役どころを見事に演じられています。 ドーリィの気持ち、仲間・友だちの気持ち、そしてアンパンマンの想い。 この作品と一緒に子どもたちが成長できるような、そんな素晴らしい作品でした。 感涙必死とは聞いていましたが、ご多分に漏れず大人一人、テレビの前で号泣してしまいました。

  • aqu********

    5.0

    人生のテーマに答えを★

    ♪何のために生まれて~ 何をして生きるのか♪ ♪わからないまま終わる~ そんなのはイヤだ♪ まさに人生のテーマにアンパンマンストーリーとして答えを提示する、素晴らしい映画だと思います。 小さいお子さんから大人まで幅広く見ていただける映画だと思います。 一見の価値アリ! 二見、三見にも耐えうる作品ですよ~~★  

  • tbq********

    5.0

    ネタバレあんまり期待してなかったんですが・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • que********

    5.0

    最高

    最高

  • may********

    5.0

    ネタバレ泣いたのは私だけでなかったのね。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • vrx********

    4.0

    初アンパンマン!

    さまぁ~ずが話題にしていたので気になり拝見しました! いやー素直におもしろかったです♪ アンパンマンは子供の時以来なのでメインキャラ以外よくわからず状態。でも全く問題ありません。 自分勝手で自分の好きなように行動するドーリィちゃん。そんな子が人の温かさ、人との協調性の大切さに気づくお話。 アンパンマンカッコイイ!そしてバイキンマンってあんな凄い発明家だったのか。笑 「なんのために生まれて、何をして喜ぶ~♪」昔から変わらないテーマソング。これにそったお話。この歌ますます好きになりました。 誰かを守って傷つくアンパンマン。たくさんのメッセージが詰まった映画でした。 大人になった自分は傷つくこといっぱいあって苦しいこといっぱいあるけど、それを誰かせいにしたりその人を避けたり嫌いになったりするのはカッコ悪いことだなー。自己犠牲っていうのかな?誰かのために我慢できる心。 報われないことなんていっぱいあって上等♪もっと自分も頑張ろう!

  • yqy********

    5.0

    創造性豊かな作品

    最近「三丁目の夕日」の上位を守る為に、鑑賞してないのに低評価で投稿する人が目立ちます。 シリーズ最高作と思います。子どもの夢と正義感、創造性を育む秀作です。夏休み後半、子ども達のために親子の会話のために長期間公開館をキープしてもらいたいと思います。 声優たちもたいへん乗っていると思います。 脚本もムラがなく、動画も丁寧に描かれ躍動感があります。 今年は「ゲド戦記」を除いて、アニメに久し振りに良作が多いと思います。 娘の感想です。「ニャンダー仮面と同じくらい面白かった。」 やなせたかしさんありがとう。

  • Pocha

    5.0

    やなせさん、アンパンマンかっこいいよ!

    娘と一緒に観てきました。 ドーリィを守るアンパンマンの姿と優しい笑顔、 そしてドーリィの優しい気持ち・・・。 小2の娘は途中からずっと泣いていました。 私も涙腺が刺激され、思わずヤバイ。 「なんのために生まれてきたの?」 子ども向けの映画で、単純なストーリーですが、 今の大人がどこかに忘れてきたものを 思い出させてくれる映画です。 安心して楽しむことができました。 やなせさんって本当に素晴らしい。 アンパンマンありがとう。

  • xwt********

    5.0

    大人に観てもらいたいです

    最近、かなりヘコむ事が続いて、やる気も気力も無くしていた私・・・。 正直、『死にたい』とまで思いこむほど・・・。そんな、私に友人が勧めてくれたのが この作品でした。『今のお前を救ってくれるよ。』と一言添えて。 確かに、『救われました。』 涙がとまりませんでした。ドーリィは、『私』でした。 他人に捨てられて、自己嫌悪になって、わがままになって・・・。 そんな『私』にアンパンマンは、とても優しかった。 けして叱らず、優しく話してくれる。 再び、消えてしまいそうな時、抱きしめて、『自分の一部』を分けてくれる。 『大丈夫だよ。』この一言は、今まで何十回と言われたけど、 一番、優しい『大丈夫だよ。』だった。 『今』つらい人、大変な人、ぜひ観てください。 アンパンマンは、『アナタ』の味方です。

  • Kurosawapapa

    5.0

    ☆アンパンマンからのメッセージ☆

    数日前、うちの4歳の娘が、このDVDを見て泣いていました。 話を聞くと、アンパンマンがドーリィを守るために犠牲になるところに感動したようで。 そしたら、昨日もこのDVDを見て、同じように泣いていて、 家内に聞くと、もう何回泣いているかわからない、と言うのです。 自分はこの作品、チラッとしか見たことがなかったのですが、 今回、娘から影響を受けて、51分間、しっかり見てみることにしました。 前半の10分で、“童心モード”に突入。 それからラストまで、すっかり見入ってしまいました。 いや~、やられました(^^;) 一緒に見た娘も涙、パパも涙。 ある日、パトロールをしていたアンパンマンは、海を漂っていた人形のドーリィを助け出します。 その夜、命を吹き込まれたドーリィは、みんなと生活するようになりますが、 自由に生きれる喜びから、自分勝手で、我がままし放題。 まわりの友達は、呆れてしまいます。 そんな時、宿敵のバイキンマンが新型ロボットを完成させ、攻めてきます。 アンパンマン達は必死の応戦をしますが、ついに力尽きてしまいます。 そんな時、ドーリィの心にある変化が起きます。 51分間の単純なストーリーでも、その中に込められた沢山のメッセージ。 何よりも本作から感じるのは、生きることの素晴らしさ、 そして、自分の身をちぎって食べさせてあげるアンパンマンの無償の愛、 笑顔を絶やさず、身を呈して仲間を守る勇気と自己犠牲。 原作者のやなせたかし氏は、正義について次のように言っています。 「本当の正義というものは、決して格好いいものではないし、  そのために必ず自分も深く傷つくものです。  そして、そういう捨て身、献身の心なくしては、正義は行えません。」 アンパンマンの正義の裏に、こんなメッセージが込められていたとは! また、作品中に、次のような台詞がありました。 ==ネタバレ== ドーリィ: 「誰だって自分が1番大切でしょ! わざわざ人のことを助けたいなんて変よ!」 アンパンマン: 「僕だけじゃなくて、誰にでも人を助けたい気持ちはあると思うよ。  それに、僕も最初はわからなかったんだ。  でもね、困っている人を助けた時に心が温かくなって、その時にわかったんだ。  僕が何のために生まれてきたのか  何をして生きていくのか  何が僕の幸せなのか。」 なんと大らかで、愛に溢れたアンパンマンの言葉!! ======== 主題歌の「アンパンマンのマーチ」の一節にも、似た歌詞があります。 「そうだ 嬉しいんだ 生きる喜び たとえ 胸の傷が痛んでも  なんのために生まれて なにをして生きるのか  答えられないなんて そんなのはいやだ」 今は大きくなったうちの息子達も、幼稚園に通っていた時、この曲に合わせて踊っていました。 当時、自分は、なんとなく聞き過ごしていましたが、 この曲にも、ふかーいメッセージがあったことを、ようやく知ることができました(^^;) 生きる喜びとは、 好きなことをやりたい放題することではなく、 人のために尽くすことであり、 それも身を削ることによって得た喜びは何倍にも膨れ上がる、、、 そんなメッセージ。 子供達には、ちょっと難しいかもしれませんが、 うちの娘が涙するのも、 きっと感覚として伝わっているのでしょう。 この作品の後半、 アンパンマンの姿を見ていたドーリィは、自分の正しいあり方に気付きます。 そしてドーリィがとった行動は、、、 その姿に、思わず涙 (;_;) 感動の子供アニメ。 このレビューに参加させてもらってから、いろいろな作品を知りました。 ドラえもんの「おばあちゃんの思い出」 クレヨンしんちゃんの「オトナ帝国の逆襲」 そして今回はアンパンマン。 日本の子供アニメーションは、 本当に、素晴らしいですね☆

  • mak********

    5.0

    ママパパ号泣

    いつも、こちらのレビューを見てからDVDを借りるんですが、 "号泣、最高傑作、"など書かれていると、どうしても期待し過ぎてしまい、まぁまぁだったな…。なんて思う事が多いので、こちらも評価高いだけに期待せず見ました。 ですが…やられました。もう、号泣です。 子供とパパと一緒に見ましたが、普段映画じゃ泣かないパパが、このアニメで泣きました。 私もラスト5分は、涙たらたら。 何のために生まれてきたのか。 何のために生きるのか。 そんなの誰もが分からない…でも見いだせる事は出来るんだな…と深く考えさせられました。 変な話しになりますが、自殺願望がある人、人生に悩んでる人に見せたら、 「明日からまた頑張ってみようかな…」って思えるんじゃ…??なんて思えちゃうくらい。。 アンパンマンがとにかく格好いい!映画のアンパンマン、、惚れます!

1 ページ/2 ページ中