ここから本文です

サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋 (2003)

地下鉄/Sound of Colors

監督
ジョー・マ
  • みたいムービー 11
  • みたログ 71

3.60 / 評価:15件

見えないことの自由さ

  • まのびーと さん
  • 2010年6月1日 15時17分
  • 閲覧数 390
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

深夜の日テレ「映画天国」にて偶然の鑑賞。

ササクレタ夜に起床正しい主人公にひかれ、トニー・レオンに釘付け、チャン・チェンに胸ときめかせ夜の地下鉄、ラブ・ファンタジーの旅へ♡

ストーリーは香港で目の見えない主人公チョン(ミリアム・ヨン)が結婚相談所のチラシを天使から受け取り、いい加減男のホウ(トニー・レオン)と知りあう。しかし、ホウはひょんなことから失明してしまい、自暴自棄になったホウをチョンは街へ連れ出す...
一方台湾では天使のいたずらで片思いの恋をするジョン(チェン・チュン)のクリスマスカードが上海の少女トン(ドン・ジェ)のもとへ。お互い実らぬ恋をする二人はやがて地下鉄で出会う...とまあこんなかんじ。

しかしこのミリアム・ヨンとトニー・レオンうまいなー
目が見えないってことで顔を投げ出してる。つまり「こう見られよう」って意思がない。
そらそーだ自分の顔が見えないんだからね。
声もぶっきらぼうというか、そこも表情がなくて
二人のそんな荒っぽい触れ合いを音楽と街のメランコリックな色彩が鮮やかに包んでいる。

二人のキスシーンが素晴らしい。
恋人同士のアイコンタクトなし(キスしよっか?うん...みたいな)の分
お互いの言葉の空気に引き寄せられるように近づいていく、オドオドした二人の瞳がたまらん!

ということでチャン・チェンとドン・ジェの恋ではそんなに取り上げるところがない、というのが正直なところです。

しかし非常にセンスのいい作品です。
観た後あったかくなる。クリスマスの物語。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ