ここから本文です

記憶の棘 (2004)

BIRTH

監督
ジョナサン・グレイザー
  • みたいムービー 108
  • みたログ 983

3.63 / 評価:312件

観客まかせ

  • オーウェン さん
  • 2010年6月24日 23時36分
  • 閲覧数 293
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

まずこれをミステリーと呼ぶのはおかしいだろう。
どうとでも解釈でき、しかも見た人しだいで変わるとはいい加減もいいところだ。

10年前死んだ元夫と名乗る子供。
これを信じるかどうかだけで最後まで行くのはやはり無理がある。

無機質な画作りや、ニコール・キッドマンのいつにも増した冷たい視線。
コンサートでの前を見る表情など今までにないもの。

この題材をもっと突き詰めて別の展開を見せられたはずだ。
最後ははっきり言って拍子抜けした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ