ここから本文です

魔女 (1922)

HAXAN

監督
ベンヤミン・クリステンセン
  • みたいムービー 3
  • みたログ 11

3.83 / 評価:6件

現在観ても余裕で面白いサイレント作品

  • rent10th さん
  • 2008年1月23日 14時07分
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

これには驚きました。サイレントで104分。絶対に寝るかと覚悟していたものの、あっという間に終わってしまった感じ。
僕が観たバージョンはBGMのみ。ビート作家であるウィリアム・H・バロウズがナレーションのバージョンもあるらしいけど。

1922年製作のデンマーク/スウェーデン作品
本作は7部構成になっており、その中で魔女の歴史や拷問具、現代の悪魔等々を資料や再現Vを織り交ぜ説明していきます。

おどろおどろしい魔女たちがいかに人をだまし、悪さをしていくのかを描いた作品だと思いきや、魔女や悪魔の存在を盾に悪行や差別をしていく人間たちの闇の部分を告発するテーマを含んだ知的ドキュメント作品でありました。

魔女裁判における極悪非道な尋問方法や拷問器具の紹介。
「悪魔や魔女はいつの時代にも存在する、それは我々人間自身なのだから」と暗に語られる再現ドラマと、劇中に登場する悪魔や魔女のマジで完璧すぎる特殊メイク。ゴシック感溢れる美術セット。テンポのよい展開と構成。これが80年前に作られたとは信じられない!
映画史に興味ある人や、ゴシック系作品に興味がある人はぜひチェック!

なんども言いますが、今作の特殊メイクはマジで素晴らしい!造形や雰囲気が素晴らしい。今作られている下手なホラー映画なんか比じゃないほどの。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ