ここから本文です

天使の卵 (2006)

監督
冨樫森
  • みたいムービー 158
  • みたログ 1,010

2.80 / 評価:358件

市原くんが素敵でした。

  • himawari01 さん
  • 2010年8月20日 21時41分
  • 閲覧数 801
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

天使の卵と天使の梯子を読んだ後、映画があることを知って観ました。
映画は原作本2冊を現在(梯子)、過去(卵)として織り交ぜながら進んでいきます。

市原くんはこの映画のときは10代なのかな?
本当に聡明感があってきれいでした。絵を描いているところなんて本当に素敵だったし。
小西さんも原作の春姫に合っていたように思います。

激しい恋が唐突に終わってしまうと人間は立ち直れなくなってしまうものなのかな~。
立ち直れない歩太と夏妃が切なかったです。

京都の四季が映像に入っていて本当に美しかったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ