ここから本文です

天使の卵 (2006)

監督
冨樫森
  • みたいムービー 158
  • みたログ 1,010

2.80 / 評価:357件

4年後からはじめる事になんの意味が?

  • nqb***** さん
  • 2013年9月30日 20時10分
  • 閲覧数 4094
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 春妃に小西真奈美、歩太に市原隼人、夏姫にまだおとなしかった頃の沢尻エリカという布陣。

 基本的に小西真奈美はミスキャストだと思う。以前から思ってたのだがこのひとは意地が悪そうにしか見えない。そして市原隼人もなんとなく嫌い。沢尻エリカは割かしすきなんだよね、オイラ。とにかくまぁ、主役二人が好みでないんだから評価は当然下がる。

 原作もさして面白くなかったのだが、凡庸な監督が作るとさらに輪をかけて酷くなるという典型な気がした。冒頭、夏姫が教師となって登場。あれから4年経っているという設定。そして歩太はまだ引きずっているというところから始まるのであるが…なんのために4年後から始めるのかが大体分からない。

 電車でみかけた春妃の横顔に見とれる場面の演出はありえないくらいに陳腐。大体どう考えたって小西真奈美と沢尻エリカだったら沢尻の圧勝だろうと思って観てたので、全然主人公に感情移入できまっしぇン!しかし、あれほど頼りない精神科医の造形ってすごくない?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ