ここから本文です

天使の卵 (2006)

監督
冨樫森
  • みたいムービー 158
  • みたログ 1,010

2.80 / 評価:357件

むくわれない

  • nikomikatuki さん
  • 2018年12月22日 7時49分
  • 閲覧数 764
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

幸せそうに微笑んで死んだけど結局自殺みたいな
精神病んでる人が精神科先生っていうのも変

事故だったなら卵抱えずお腹の子抱えるはず
愛する人との子なのだから
母ではなく女だったのだろう
なんだかな

自分は幸せになっちゃいけないという思い込みもあっただろう
こんな幸せ続かないだろうなとかと思っちゃっているところ

希望はない話

卵ってねって
うーんいい言葉言ってるんだけど
なんかこー卵=いわゆる卵が思い浮かぶから
卵焼き食ってるんでしょとか・卵食うとき命いただきますありがとうとか意識してないでしょとか現実的になっちゃう

元々自殺したい人が愛してくれる人ができて愛の思い出の中で死ねて幸せというか
本当はそんなの幸せじゃない
生きなければ生きて幸せにならなければ 

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ