ここから本文です

それでもボクはやってない (2007)

監督
周防正行
  • みたいムービー 2,596
  • みたログ 8,918

4.16 / 評価:2,646件

他人事ではない!99.9%の有罪判決

  • sin***** さん
  • 2018年10月1日 22時29分
  • 閲覧数 1897
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

「99.9%の有罪率は、日本は特別だと、どんな作品でも言われる。だから、ではなく、制度を変えて、冤罪を生まない仕組みが必要だ」

痴漢されたほうも、してなくて冤罪になっても、どちらの人生にも大きな影響を及ぼす。実際に冤罪で無実が証明されても、仕事を続けるには相当きついだろう。たぶん辞めることになる。他人事ではない。

陪審員制度が入り、スマホの登場によるタイムリーな人とのやり取りもあり、無罪の証明は少し改善しているとはいっても、些細な進歩だ。
かといって、痴漢されたほうが、泣き寝入りするのも絶対に間違っている。

この映画は、日本の裁判制度に疑問を投げかけたと思うが、
仕組みが脆弱では、トラブルが起きることを肝に銘じて、日々の仕事に取り組まなければならないと思った。

真実を知るのは、自分だけ というエンディング。
そうではない客観的にも正しい判断ができる社会をつくっていきたい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ