ここから本文です

それでもボクはやってない (2007)

監督
周防正行
  • みたいムービー 2,613
  • みたログ 9,065

4.14 / 評価:2780件

緊迫感があり、ずっとドキドキしてました

  • coa***** さん
  • 2020年6月20日 22時15分
  • 閲覧数 738
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

裁判所、警察官の実際は分かりませんが、リアルに描かれていて、緊迫感のある映画でした。

加瀬亮はやってない、と主張する一方で、警察、検察の対応に腹が立ちます。加瀬亮の母、友人などどんどん応援が増え、頼もしい弁護士さんや痴漢冤罪の経験のある方にも出会い、目撃者も見つかり、無罪になるか、無罪になるか、と希望がふくらみながら、最後は有罪。
裁判官や警察にずっと腹が立ちますが、最後はあきらめた、というかあきれた、どこか吹っ切れた気分になります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ