レビュー一覧に戻る
Sad Movie <サッド・ムービー>
2006年11月11日公開

Sad Movie <サッド・ムービー>

SAD MOVIE

1092006年11月11日公開

jun********

3.0

ネタバレ希望ある別れとつらい別れ

4つの別れのストーリーですが、そのうちの2人が激似です!恋人との別れに地団駄踏んでる青年と、遊園地で絵を描いてる青年。彼女に別れを迫られて別れたくなくて悩んでるのに、遊園地で別の娘にちょっかい出してる場合じゃないんじゃない?と思ってたら二人は別人。映画の半分位でやっとそのことが判明しました。もうちょっと見分けやすいキャスティングにして欲しかったです。 エピソードの中では、病気の母親と子供の別れが一番切なく心に残りました。今まで忙しくてそばにいてもらえなかった母親の事を、いつも一緒にいれるから病気になって良かったと思ってしまう。幼い子供の素直な気持ちです。でもその病気は親子の永遠の別れを招いてしまいます。病気になって良かったなんて思った自分を責めて、雨の中でわんわん泣く姿にもらい泣きしました。 自分がお腹にいる時の事を綴った母の日記を読むというのが素敵でした。いつか自分も誰かと結婚し子供が出来たら日記を綴ろうかと思いました。産まれた子供に偶然見つけさせて読ませれば非行防止になるかと。偶然見つけさせるというのがポイントです。純粋な心の子供に対して、こんな腹黒な気持ちですみません。 別れさせ屋の彼は過去の恋をふっきりました。画家の彼は旅立ちました。母親は大きな愛情を残して逝きました。消防士の彼は炎の中で最期にメッセージを残しました。希望ある別れは良いですが、死別は本当につらいです。でもそれを受け止めて、乗り越えて、残された人たちは生きていかないといけません。

閲覧数242