ここから本文です

Sad Movie <サッド・ムービー> (2005)

SAD MOVIE

監督
クォン・ジョングァン
  • みたいムービー 71
  • みたログ 720

2.56 / 評価:416件

ラストで冷めました・・・

  • ボブ山川 さん
  • 2010年7月15日 6時35分
  • 閲覧数 693
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

別のDVDについていたCMでちょっと惹かれて
レンタル版DVDを字幕版で見ました。

「デイジー」、「頭の中の消しゴム」のチョン・ウソンや
「猟奇的な彼女」のチャ・テヒョンが出ていたのも
見ようと思ったきっかけ。
韓国の有名な俳優がたくさん出ているのでしょうか。私はあまり詳しくないので分かりませんが。女優さんも魅力的でした。


ニュースキャスターではなく、手話通訳だったり、
顔に火傷の傷があり、話をすることも出来ないから遊園地で人形の中に入っている女性
だったり、表舞台に立つ人でなく、陰のある普通の人が主役になっている、その設定は
奥ゆかしくて好きです。

悲しいシーン、泣かせる場面でも、ベタベタの悲しい音楽でないところが却ってよかった。

ただ、ラストで冷めました。

消防士が火事の現場で亡くなる前に、現場に備え付けられている監視カメラでしょうか?
カメラに向かって彼女への最後のメッセージ?遺言?愛の言葉?を残すため、防護マスクを外す。
カメラがあることも不自然ならば、脱出不能な状況にも見えなくて、
このシーンだけですっかり冷めました。

彼女へ言葉なり、メッセージを残すにしても、もうちょっと何か自然で説得力のある演出があっただろうに。残念です。
その前の、彼女が手話通訳で、彼が火災現場で帰らぬ人となったニュースを自ら伝え、
その後の、空席のレストランに残された婚約指輪だけで十分余韻のある〆となったと思うのですが。


そもそも8人(4組)の別れを描いているけれど、8人全員は結局つながらず、
最後まで4人と4人の二つの話でした。8人を描いた意味が分かりませんでした。


舞台、設定は良かったのですが、いまひとつでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ