レビュー一覧に戻る
デジャヴ
2007年3月17日公開

デジャヴ

DEJA VU

1272007年3月17日公開

beautiful_japan_

4.0

ネタバレストーリーが四次元を飛び回る

2006年2月28日マルディグラ(懺悔の火曜日)の日、ニューオリンズで543名もの犠牲者を出す大規模なフェリー爆発事故が発生する。爆発はテロによるものだったが、爆発現場の近くで発見された女性クレア・クチヴァー(ポーラ・パットン)の他殺体が事件のカギをにぎることが判明する。 ATF(アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局)のダグ・カーリン(デンゼル・ワシントン)は、FBI特別捜査班への協力を要請される。そこで「スノーホワイト(白雪姫)」と名付けられた監視システムにより記録された4日と6時間前の映像を見せられる。 過去にさかのぼって映像を見る事ができるシステムとカーリンに説明されていたが、実は時空を曲げて過去と現在を結びつけるものだとバレてしまう。システムを活用して犯人は逮捕されるが 、カーリンは思いもかけない行動に出る。 ストーリーの展開に時間軸という要素を加えた事で、複雑だがスリリングな展開になる。「スノーホワイト」の科学的説明が稚拙だと専門家には不評のようだが、なかなか斬新な発想だと思う。

閲覧数2,189