2006年9月30日公開

永遠の法 The Laws of Eternity

1142006年9月30日公開
永遠の法 The Laws of Eternity
1.8

/ 662

15%
4%
2%
1%
78%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(151件)


  • blue

    2.0

    歌が、、、

    幸福の科学がまだ宗教のみをやっていた時代の作品です。 宗教には独自の世界観があるので、それをとやかく言うつもりはありません。 しかし、アニメ映画として一般的に「面白い」かという視点に立った時に、脚本、構成、作画、音楽などが評価の対象になると思います。 結果から言うと、脚本は何のひねりもありません。構成も至ってありきたり。作画も綺麗だけど、何の個性もないただただ優等生的な絵面。 そして、最悪なのが音楽。男性のオペラ調の歌声に途中から女性歌手の声が被さってきます。この女性の声がクセモノ。 最初、耳を疑いました。この女性、本当に歌手??なぜ、この女性選んだの?ウケ狙いじゃないの?などなど、次々疑問が湧いてきます。 百歩譲って脚本、構成などはOKとします。しかし、この歌声で台無しになります。 まあ、一度聴いてみてください。本当に爆笑しちゃいます。もしくは、怒りがわきます。 ここまで書きましたが、私は信者です。幸福の科学がまともな組織になって欲しく書きました。 職員の皆さん、浮世離れした論理で行動するのはやめて下さい。これは宗教の価値観とは別の話です。組織運営、伝道方法論、政治活動など極めて三次元的なレベルの仕事論の話です。ここで訳の分からん論理で仕事の手を抜くな。 あまりにも計画性がなく言い訳や逃げが多い組織。実力ではなく過去世での人材登用法でうまくいった試しがあるのか?だいたいの奴等が無能でポンコツばかりじゃないか。 苦しくなると総裁の名前や言葉を出して信者を黙らせる。こんなことはいつまでも続くもんじゃない。 ということで、残念ながら一般の方々にはクソ映画以外の何物でもない映画です

  • bag********

    1.0

    妄想だらけの宗教映画。くだらない。

    タイトル通り、まともな奴が造る映画じゃないです。

  • dhc********

    5.0

    レビューが高いのでレンタルして見ました。

    思ったより良かったです。私はずっと、死後はどうなるのだろうと不安がありました。この映画は、シナリオもしっかりしており、不思議にその不安が解消してきました。見て良かったです。

  • hid********

    4.0

    死後の世界って・・・

    いわゆる商業的娯楽作品とは違いますから評価は様々でしょう。あくまで内容は宗教的ですし、ひたすら面白おかしくと言う具合にはいかないのも事実。宗教団体の作った映画ということで先入観で観てしまいがちですし。しかし、あの世の世界を映像化するという難しい内容を、リアリティを持たせつつ尚且つ観客を飽きさせないとうのはかなり成功しているのでは思います。「天国」って漠然とはイメージできても、具体的にアニメとは言え映像で見られるのは初めての経験でしたし、次元があるっていうのも初めて知りました。そうした死後の世界の情報を知るって事でも意味のある映画だったと思います。今はスピリチュアルブームだそうですが、何故か「前世」ばかりが取り上げられています。でも大事なのは誰にでもこれから必ず来る「死後の事」だと思うのですけど。 それから主人公が高校生って言うの今の感覚ではちょっと違和感ありましたが、舞台が近未来ですから将来はあんな高校生が出現するのかもしれません。

  • go2********

    5.0

    後味がいい映画です。

    内容がマジメすぎて、退屈でないか心配でしたが、 天国を幾階層にも分けていたことや、地獄巡りを設定していたところ がよかったと思います。 後半はラブストーリー的要素もあって、エンディングの曲と きちんと同期がとれていました。 ただ、地獄の争いの部分は、やや幼児~小学校低学年向けな 感じですね。もう少し対象年齢あげたストーリー展開でもいいと 思いました。 隆太と夕子は、それぞれ理想の男子像、女子像で描いていました。 全般的には満足な映画でした。

  • miy********

    5.0

    この映画は、絶対観た方がいい!

    死後の世界については、実際見てきたわけではないので、本当なんだろうか…という感じがしますが、この映画を観ていると、もしこの映画のような世界であるなら、死ぬ前に霊界の予備知識としては知っておいたほうがいいと思います。中でも、各人の生き様が人生のドラマとなって、死後に映画館のようなところで上映され、身内、知人が見に来るというシーンなどは、とても印象的だった。特に心に思っていたつぶやきまでが描き出されるというのは、ゾッとした。また、4次元から9次元までの次元構造が描かれ、人々により多くの愛を与えて生きた人ほど、死後、高い次元に還り、地獄に落ちる人は、人に愛を与えることなく奪い続けて生きた人という考え方は、納得できるものがあった。とにかく、映像、音楽の素晴らしさはもちろんだが、たかがアニメとあなどれるものではなく、中身はとても濃く、人生について考えさせられるものがあった。生きているうちに一度は観た方がいいと思います。

  • tan********

    5.0

    エンディングが爽やかでした

    あっという間に2時間終わる。単純にアニメとして割り切って観ても映像がすごく綺麗だし、飽きない映画だと思う。 でもそれ以上にどういう心境で生きたら、死後どういう世界に戻るのかが明確にメッセージとして投げられている点で、非常に深く考えさせられる。人によっては宗教アレルギーもあるだろうが、科学万能、経済至上主義の現代人に新たな視点を提供してくれることは間違いない。 それにしても、死ぬと隠し事ができない(プライバシーがない?)のが怖い。

  • oka********

    4.0

    雑感

    ここにきてずいぶん反対派(左派?)の意見が出てきましたね。 テレビCMや紹介などほとんどなしでよくここまでやっていると思います (新聞、雑誌、駅看板などの広告は結構行っているが)。 さて次の映画があるかというと微妙なところだと思います。 一応3部作は完結したわけですし、内容的に素晴らしくても、信者さん のご苦労というものがどうしてもあるようですからね。 そういうわけで、一般の人にももっと観てもらうためには、左系に占領 されていると思われるマスコミ対策をクリアすることが今後は必要では ないでしょうか。 (ただ、単純に左系であればよいが、実際には他の宗教団体に支配され ていると思われるテレビ局・新聞もある。) 少なくとも映画が上映できるということは、他の宗教団体とは明らか に違うのですから。 さて、教育基本法の改正で、宗教教育を行うかというのも今後争点に なってきますし、映像でこのような内容を見せることが出来るというの は、大事なことだと思います。

  • sus********

    5.0

    すばらしい!

    このレビューは感想を述べる場ですよね?なんか批判的な投稿が目にあまります。私はこの映画を見て感動しました。 普段3次元や4次元といった言葉は耳にしていますが、5~9次元などという次元が本当にあるのか?の問いに答えを出しているのがこの映画だと思いました。 本当に高次元の世界はあるんだ!と心を打たれました。画像も綺麗でしたが、音楽も心に残るものでした。キャストも素晴らしい方々が出演しているのですね。 つまらなくて寝てしまう方もいるようですが、この映画を見て心が落ち着いて寝てしまったのではないですか?あの音響の大きさで眠れるほうが凄いと思いますが・・・ カルト集団ではあんなに綺麗な映画は作れないと思います。というか作れるだけの教えが整っていないのではないですか? 私は満点の映画だと思います。

  • tak********

    5.0

    ネタバレ母を連れて行って

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • dkp********

    5.0

    一貫した法則

    否定する方が、支持する方に対し罵詈讒謗を浴びせる、 そんなレビューも見受けられますが、 自分以外の考えは認めない、排斥する、 という考えは、宗教の違いで紛争を起こす方達と 何ら想念に違いはないと思います。 本当に優れた人格者は、他人を許すことができます。 それは優柔不断なのでは決してなく、 可能性を信じていられるからだと思います。 また、相手のことを理解できるからだと思います。 宗教のことは詳しく分かりませんが、 そこに関わる方、周りの方の人生が不幸になっていく、 というのが邪教だと思います。 エゴに救済力は存在しません。 少なくとも、この映画の内容はとても明るく、 その内容を体現できていったなら、 不幸な方が量産されていくなんて事はないと思います。 その証拠に、 当該映画を観た後不思議とストレスが無く、 悩みも消え去った感覚でした。 人それぞれ感じ方、捕らえ方は違いますが、 少なくとも私の心は清々しく、充実しました。 死は100%訪れます。 その時間をどう輝かせていくのか。 そのヒントが、この映画には とても多く散りばめられていと様に思えます。 気づきがあった映画でした。 その気づきを生かし、日々輝かせていきたいと心底思えました。 皆様の人生も、 他の方も一緒に幸せになっていく方向で、 どうか素晴らしい日々えおお過ごしください。 最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。

  • bur********

    4.0

    もしも死後の世界があるのならば・・・

    死後の世界があるとは聞いていても、実感としてそれが分かるのは、やはり自分が死んだときなんだと思う。私のような凡人にはね。 でも、もしも死後の世界があるのならば・・・。 その可能性が少しでもあるのなら、この映画は見ておいて損はないと思います。 だってこういう機会がないと、一般人はあまりこういったことに触れる機会がないじゃないですか。 お葬式のお経ったって、聞いてても意味がわからないし。 しかし、内容が高度だった。8次元以降の話は、1回ではなかなか理解できず、ちょうどチケットを2枚貰っていたので、もう一度見ようと品プリ行ったら、今日の上映は満席だって言われちゃった! こういうの好きな人、実は多い? ちょっと残念だったけど、映画全体を通して、見る人に伝えたいことは分かった気がするし、良しとします。 自分が何で今生きているんだろ?とか、何で空気があるんだろう?とか、昔は漠然とそういうことを考えたこともあったけど、最近は目を背けてた。でもこの映画を見て、そういうことを考えるのも大事なのかな?って思った。 今の時代、友達と死後の世界の話なんてしないし、そういう話したら、場合によっては危ない奴と思われる。でも、それは今の時代がそうさせているのかもしれない。それを変えていかないといけないと思った。 映画の中で「この世が仮の世であの世が本当の世界」みたいなことを言っていたけど、ほんと、あの世があるって思って生きる方が、希望に満ちながら生きていけそう!「死」の捉え方が違ってくるわけだから。 人はどこから来てどこへ帰るのか・・・。今、中学生が自殺するニュースをよく耳にしますが、そういった世代の方達に、この映画を見せてあげたい。死んでも終わりじゃない可能性を実感できたなら、次にとる行動が違ってくるかもしれないし。いじめる側もいじめられる側も。 最後に、目に見えない世界を、一般の人間でも実感できるよう映画化してくださった事に、感謝します! (-人-)

  • ykb********

    1.0

    なんでこんなに評価が高いのか謎

    公開当時、ふらりと映画館に行って一番近い上映時間のものがこれだったので見ました。 ここの評価の高さに唖然としてレビューする気も起きずに放置していたくらいに駄作と感じた映画です。 絵は綺麗でした。でも、ストーリーは正直言って退屈だったうえに怒りもわいた。 何の前知識も無く見たので、上映中に 「なんか説教くさいし 宗教くさいなぁ」 なんて思いながら見てたんですが、エンドクレジット見て納得。 幸福の科学が作った映画だったんですね… ストーリーとして起伏が少なくて、ひたすら霊界観光してるだけなので観客は完全に傍観者。霊界にロボット登場シーンなんかは失笑するしかなかったです。 しかも主人公がお綺麗な善人で人間的魅力が全く無いので感情移入も出来ない。 私自身が霊界とか考えても仕方ないと思ってる人間なんで、更に共感すら出来ない。 そのうえに善人と悪人を魂レベルで選別しているかのような表現が胸が悪くなる。 こんな選民思想は受け入れられませんね私は。 しかも、生前確かに人道的に最悪な行いをしたかもしれないけど、その実在の人物を地獄の邪悪なる存在として表現するなんてのは最低です。 しかも、実在した偉人たちを霊界でランク付までしてるし。 個人的に一番許せないのは霊界で天使となっているヘレン・ケラーが三重苦を霊界から現世へ産まれる時にわざわざ選んだと言っていたこと。 身内に知的障害者がいる私は怒りに震えました。 障害を持つ人たちへの侮辱になりませんか?

  • asu********

    5.0

    真実は死なない!

    映画全編に渡って描かれる壮大なスケールの旅を、知的かつユーモラスで親しみのあるエジソン、男らしく勇敢な大天使ゴッドイーグル、限りなく優しく美しい女神ナイチンゲール、等数々の偉人のそれぞれの立場からの導きの下で流れるように体感でき、真実を発見することができます。また「新世紀エヴァンゲリオン」や「トップをねらえ!」を手掛けたトップクリエイターによる霊界怪獣ビヒモスと美しきエンゼルX1の決戦シーンはSFアクションアニメとしても最高峰の映像でしょう。そして全てが明らかにされるクライマックス!どんな立場の人にも観てほしい120分です。まさに、真実は死なない!

  • xnc********

    5.0

    科学と宗教の融合

    霊界に科学者がたくさん出てくるところが幸福の科学らしい映画だと思った。また、霊界を疑似体験しているような感覚、そして、観終わったあとに残る心地良さ、さわやかな余韻。映画館の帰り道、街中の人々や風景が輝いて見えた。

  • kit********

    5.0

    ちゃんと、恋 したい…

    夕子と隆太の恋が、とっても心に残りました。幼友達で、学校は別々だけど、幼稚園は一緒かも。(金魚のところの過去で、制服がそろいみたいに見えたから)。 それだけじゃなくて、1万2千年前のアトランティスで結婚していたのね。それから、歌でしかわからなかったけど、インドのときとか、仏陀のときとか、いろいろな神様の時代に、やっぱり一緒にいた、ということですね。 今、とても気になる人がいて、幼なじみでもないし、学校も別だったし、そんな、過去とか前世とか、全然わからないけれど、でも、この映画を見ていて、自分のこの気持ち、大切にしたいな、と思いました。人を好きになるっていうこと、きっととても強い意味があるのだと思えました。 女神界で夕子が頬を染めて、ぱっと明るい目を開いて隆太を見たところに、なぜか胸がいっぱいになりました。それから「今あなたと離れたら、わたし、きっと後悔する」といったところ。なぜか涙が出そうでした。 きちんと、恋をしたい。そう思えました。

  • sho********

    4.0

    ネタバレ私なりの感想

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bos********

    5.0

    ネタバレうぅ~ん、なるほどねえ。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ina********

    5.0

    見てみてほしい映画です。

    この『永遠の法』について、色々と批判もあるようですが・・・何も心に響くものはなかったと言うなら別ですが、一つでも何か感じるものがあったのならそれでいいのではないでしょうか。 何も、信じろとは誰も強制されていないはずです。  正しいか正しくないかは自分で判断して良いはずです。内容の良し悪しはあっても、人を不幸にしたいと願われて作られた映画ではないです。 映画を見た人の幸せを祈ってつくられたと思います。   私は、よかったと感じました。自分ではない誰かを幸せにするために生きる人生とは、すばらしいのだと教えられたような気がします。 確かに分かりにくいところもあったかもしれませんが、それが全てではなかったと思います。 見てみて損はしないと思います。 人の感じ方は十人十色ですから、全ての人に受け入れられるとは思いませんが、つらいときや悲しいとき、優しくなりたい時など是非見てほしい映画であると私は思います。

  • maz********

    5.0

    「わたしも幸福になりたい」

    「わたしも幸福になりたい」と、最近、姉が言うので、なんのフレーズかなぁ?と思っていたんだけど、映画を見てナットク。 「幸福」って人それぞれだと思うけど、「幸福な心の状態」は、きっと女神さまが話してくれたようなんだろうね。 映画の中ではじめて知ったけど、天使たちは地獄で苦しむ人たちを助けようとして、翼にケガをしたり(うわっ。天使も血を流すのか!!)、地獄のベースキャンプに隠れて救助したり、たいへんなんだ。 人を悪く言ったり、落とし入れたり、すけべだったり、って地獄と、確信犯的に「人々を真実から遠ざけよう」とする悪魔の世界が、分かりやすく描かれていた。  怖かったのは、パトリックとロベルトが、「優秀な魂」なのに、心に曇りをつくって地面が割れてしまうところ。さらに「わたしについてくれば間違いありません」と、唯物論思想を信じて洗脳されてしまったところ。 その人の「語る言葉」「文章」「行動」を見れば、その人のたいていの「思い」は想像がつくものだけど、「思想」の正邪はなかなかわかりにくい。レビューなんかだと「言ってる言葉」と「内容」を見たら、その人の「魂のありか」が簡単に見えてしまう。それはコワイだろうな。映画では「心の隅んでる場所」が、あんなにはっきり描かれてしまっているんだもん。  うーん。自分は、どこなんだろう? パトリックとすごく考え方は似てると思うけど。気をつけないと地面割るかな(^^;)。    これまで口にしたことないけど「わたしも幸福になりたい」という言葉が、すっごく新鮮ですがすがしかった。映画は好きでいろいろ見ているけれど、このアニメは、「人生の分かれ道の標識」みたいな、普通にはなかなか出会えない、貴重な映画だと思う。

1 ページ/8 ページ中