ここから本文です

不都合な真実 (2006)

AN INCONVENIENT TRUTH

監督
デイヴィス・グッゲンハイム
  • みたいムービー 659
  • みたログ 1,738

3.88 / 評価:568件

解説

アメリカで公開されるやいなや、ドキュメンタリー映画史上に残る記録的大ヒットとなった話題作。アメリカの元副大統領アル・ゴアが、温暖化へと突き進む地球を憂い、温暖化によって引き起こされる数々の問題を説く。監督は「24 TWENTY FOUR」や「ER緊急救命室」など、人気TVドラマのエピソード監督として手腕を振るってきたデイビス・グッゲンハイム。地球の危機を訴えるアル・ゴアの真摯(しんし)な姿勢とユーモラスな話術が作品の魅力を高めている。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

地球の温暖化によって引き起こされる数々の問題に心を痛め、人々の意識改革に乗り出すべく、環境問題に関するスライド講演を世界中で行うアメリカ元副大統領アル・ゴア。そんな彼の勇気と希望に満ちた闘いを追いながら、人類が滅亡するまでの真実のシナリオを明らかにしていく。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

「不都合な真実」ゴアのカリスマによりエンタテインメント映画として成立

 アメリカのドキュメンタリー史上、記録的な大ヒットとなった「不都合な真実」。地球温暖化問題について描いたエコ・ドキュメンタリーがなぜこれほど多くの観客を惹きつけたのか。地球に危機感を抱いている人が多かったからではない。この映画のメインホストがどこぞの博士ではなく、アル・ゴア元副大統領だったからである。環境問題について話すエネルギッシュな語り口は説得力に満ち、話は面白くてわかりやすく、そのカリスマ性は人々を惹きつけてやまない。アメリカの政治家のエンタテイナーぶりたるや、ハリウッド・スターの比ではないのだ。政治こそがアメリカ最大のショーというのも頷ける。

 また、ゴアが大統領選でブッシュと接戦の末、不明瞭な負け方をしてしまった人物というのもこの作品では大きなポイントである。なぜなら00年の大統領選で「企業利益よりも環境問題を重要視しているようなゴアに国を任せていいのか」と笑い飛ばしていたブッシュが作った7年後の世界は、利益優先のため京都議定書の批准を拒否して環境を破壊し続け、戦争を泥沼化させている反平和的な社会なのだ。もしあの時ゴアが大統領になっていたら──と匂わせることで、事実を追うのが基本のエコ映画にエンタテインメント性を持たせた。しかし反ブッシュを追求すると面白味は出ても、環境問題を利用したゴアの政治戦略映画のように映ってしまう危険性も伴うため、チクリとしただけに止めたのは利口である。

 かくしてこの作品は、マイケル・ムーアに代表されるような最近のエンタテインメント性溢れる撮り方ではなく、ごくごくフツーにゴアの講演旅行を追ったシンプルな作りのドキュメンタリーであるにも関わらず、誰が見ても楽しめるスター主演のエンタテインメント映画として成立。製作陣はもちろん、ハリウッド映画界の面々である。(木村満里子)

映画.com(外部リンク)

2007年1月25日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ