2006年8月31日公開

ユビサキから世界を

632006年8月31日公開
ユビサキから世界を
3.0

/ 84

20%
18%
24%
13%
25%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(74件)


  • cyborg_she_loves

    3.0

    薄っぺら~い映画

     高校生ぐらいのやつが「死にたい、死にたい」と大騒ぎしてるのって、結局はこの程度のことなんだよ。そういう自分を、この映画みたいに冷めた目で見直してごらんよ。  この映画のメッセージは要するに、そういうことですよね。  深夜に集団自殺する約束をしてから、実際に深夜に学校に集まるまでの間にしている行動の滑稽さ(数時間後に死のうとしている人間のすることじゃない)が、そういうメッセージを端的に表わしています。交通事故で死にかけたリンネ(谷村美月さん)が、死なないように全力で這い上がってこれから自殺する場所へと駆けつける、とか。  円周率だの元素周期表だのを言い合っているのは、この4人がみんなインテリ少女たちだという意味ですね(私もじつは何人か、死にたいと何度も言ったり、自殺未遂したりした人を個人的に知っていますが、みんな例外なく桁外れに頭いい人たちです)。  そういうメッセージを表現することには、たしかにこの映画は一定程度、成功していると思います。決して悪い映画じゃありません。  しかし、この映画ではこの4人の少女たちは、いわばたまたま自殺しそびれただけで、「これ」に気づいたから自殺がいかに愚かなことかを知った、という何かはっきりしたものは、この映画では何も描かれていません。  これがもし現実の話だったとしたら、この4人は、今は自殺を思いとどまっても、何かちょっと嫌なこと・腹が立つことが起こったら、またぞろ「ねえねえ、今晩一緒に死のうよ」と言い出すでしょうね。  女子高生なんて、要するにその程度の馬鹿ばっかりしかいないんだよ、と言いたいなら、まあ意見を主張する権利を否定する気はありません、どうぞご自由に。  ただ私は、なんだかものすごく薄っぺら~いものを見終えた、という後味しか残りませんでした、というたことだけは書いておきます。

  • nab********

    5.0

    思春期

    私は、とても好きな作品だ。 こういう内容は、ダラダラと長いと嫌になる。 時間的にもちょうどいいと思う。 女の子たちそれぞれの事情も、映画的にはありきたりかもしれないが、 家族って、悩みって、こんなもんだと思う。 「死のうかな・・・」そんな事を軽い気持ちで考えるのも、 だいたいにして女の子ではないかと思う。 けれど、楽しい事、気になる事、そして美味しい物、 目の前にそんなものが出現すると、たちまち気持ちはそっちへ行ってしまう。 笑いながら、走っていて欲しい。 人生は長い、そして、そんなに悪くは無い・・・。

  • suk********

    4.0

    軽い気持ちで見ると案外見える

    最初見たときに重いはずのテーマなのに、尺のたりなさ、扱いの軽さに、女子高生描写の軽さに、かなり不服だったので、納得できずに2度鑑賞。 そして2度目に観たときに、少女たちの集団自殺を扱っておいて縁起でもないけど、案外軽い気持ちで観る映画だなぁと思いました。 この映画の中で、彼女たちは死なない。そんなことを頭に置いてに見始めると案外行ける。 そしてこの映画の目的や答えも自殺ではなく、不条理と感じていたものに意味を見出す、一晩の出来事を描いたお話で、 映画というか、1時間の単発ドラマを見るような気持ちで見ると、意外と見えてくるものがあって、楽しめました。 谷村美月が前にテレビ番組で、映画の撮影で土に埋められたことがあると言ってた映画… なんとなく気になっていたのですが、これだったんですね! たしかに凄いシーンです。 あと、北乃きいちゃんの喫煙シーンが結構衝撃的。 でも彼女、明るく見えて実は影のある役が合う女優さんなんだなぁと思いました。

  • どーもキューブ

    3.0

    行定演出、四女の青春

    2006年作品、フォーライフミュージック(FLME)、ランブルフィッシュ提供。 脚本、監督行定勲。 かなりのビデオ屋にて、ジャケット鑑賞の感じ。 ジャケットをガン見したら、 「あれっ!谷村美月ちゃん!んっ!北乃きい!共演してたんだ!んー、FLAME?PV(プロモーションビデオ)かな?」てな感じ。 行定監督、原点回帰、アンダーグラフさん知らない、てな感じで鑑賞となりました。 アンダーグラフさんは、曲を聞いたらわかりました。よく有線で、ビデオ屋で、かかってるかかってる!と頷く。 ユビサキから青春をみたくうっすらと鑑賞前、なんとなく予想した写真からのイメージ、青春のイメージにある意味閉じこもっていた、予測可能な映像の作品でした。 そこからエモ-ショナルな叫び、話、ときめきもとりわけなく終了。まあ、PVが先行してあるので欲を言ってもしょうがないですが、、。 物語は、ある高校生の退屈なアメリカの授業。 仲良し4人女子はある事を今夜計画する。 さて計画とは、ユビサキとは? 青春のイメージ的なよくある映像、よくある定義 「死」「自殺」「いじめ」「雨」「屋上」「きまぐれ」「あさはかな思い」「いいたくていえない」 みたいのがオンパレードで演出みたいな感じでまあ、ある意味べたべたなかんじで行定勲のイメージをみたかんじでした。 それでも谷村美月さんがまた、かわいい。美月ファン必見。 後ろ髪のザンバラな感じ、イチヅナな感じ、意外な展開が見所。 ちょっと全然想定外で面白かったですが、そんな展開あるかいともつっこみつつ、、。 あと北乃きいちゃんも眼鏡っ子で可愛く出演。こちらもファンの方は是非。結んでいて、眼鏡なんで全然きいちゃんに見えませんでした。 ラストが少し良いだけに、マエフリ、キャラ紹介がもう少しテンポよく面白かったらなぁと思いました。 あと久々に土屋久美子さんを拝見しました、90年代からずーっと邦画の脇役ですが、活躍されてる女優さんです。嬉しかった。 アンダーグラフファンの方は勿論要チェックだと思います! ゆびさきから世界へ、ゆびさきからスタートしたいなぁと思いましたが、イマイチ普通な按配の青さに寂しさを感じた行定作品でした。 指先からみた4人の女子の青春とは? 行定演出、四女の青春とは?

  • whi********

    5.0

    あの・・・・・

    ボク、この映画にエキストラとして出ました。それで映画になるの楽しみにしてたんですけど・・・DVD出てたんですね(笑)知らなかったです・・・。今度、一緒にエキストラした友達と映画見ようと思います。

  • pea********

    1.0

    タイトルは意味ありげだけど…

    北乃きいさんの出演作を制覇しようと鑑賞。 日常に嫌気のさした高校生四人が自殺を図ろうとする話。 60分程度の短編です。 タイトルのセンスが良いので感動的なストーリーが待ってるかと思いきや、中身は大したことなし。 「今晩みんなで死のう」 「いいねぇ~」 見たいなノリで現実感ゼロ。 若手の女優を使って、面白そうな映像撮れたらいいなぁ~、くらいの軽いノリで撮った感じがします。 この作品での北乃きいさんの役柄は彼女には似合わないと思いました。 心に残るシーンがないまま終わってしまったのでファンとしては残念。 でも、あまり見かけないポニーテールと眼鏡姿が拝めますよ。 もう一人の注目株は谷村美月さんです。 冒頭の授業風景からやる気の無いけだる~い演技を見せてくれます。 「檸檬のころ」でもそんな役柄でしたが、こういう演技をさせたら右に出るものはいませんね。 評価は★2くらいだと思います。 しかし、冒頭の社会の授業のなかで、命をかけた公民権運動の果てに暗殺されたキング牧師への侮辱と受け取れるシーンがあったので★マイナス1です。 社会なんて勉強してどうなるの? という現代の若者の気持ちを表現したかったのだと思いますが、あのシーンはやりすぎです。 最初にあんなシーンを入れるなら、後半でキング牧師の言葉によって生きる希望を得るとかにしたら良かったんじゃないのかな。

  • sak********

    4.0

    ネタバレ感想。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • zen********

    2.0

    ネタバレ狙いどころはいいが・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • f_k********

    1.0

    考えろマクガイバー行定

    何の理由も無く行定監督作品を観続けてきたんでけど、 ついに大ハズレを引いた。 脚本家としての行定勲のセンスの無さに絶望すらも覚える。 いや言い過ぎたかな。 監督作ろしては好きな作品もある。(『GO』『贅沢な骨』など) だからといって好きな監督ではない。 本作と『遠くの空に消えた』の破壊力を持ってすれば当然かもしれない。 まず断っておかなければいけないのが、『ユビサキから世界を』は中高生向けの作品であるということ。 でも、そうじゃない人でも好きかもしれないが。 60分の中編。 主人公の女子高生4人は自殺志願者。 でも本気で死にたがってるのは1人(谷村美月) もはや死にたがっているかも曖昧で、ちょっとした衝動で死にたいって思っちゃうような女の子。 他の3人もに釣られて集団自殺をすることに。 なぜ死ぬかって? 辛いからです。 家庭の問題、妊娠とか。 へー。 でっていう。 本作はアンダーグラフというバンドの同名楽曲からインスピレーションを受けて、行定勲が監督と脚本を担当したのだが、 完全に楽曲に負けてます。 一体彼は何を感じたのでしょうか。 さて、マクガイバーとはアメリカのアニメです。 主人公は身の回りの材料と科学知識で作り上げた道具で、どんな困難も切り抜けるという冒険野郎のお話。 マクガイバーはよく考えて作ります。 ピンチの場面でも頭をフル回転。 一方、行定監督。 毎年のように映画を撮ってるね。 まさにマクガイバー並の創作意欲だ。 今回はすでにある作品(曲)を映画にしました。 ただ、中身すっかすかです。 ありきたりの連続。 『きょうのできごと』の焼きまわし。 ラジオや飛行機の使い方の安易さ。 とりあえずアンダーグラフで一番有名な「ツバサ」を挿入歌で使うとかね。あきれる。 あなたのポテンシャルはそんなものなんですか? ふとしたときに自殺したくなる女の子。 人の気持ちなんてわからないと言ってしまえばそれまでですが、急です。 なぜ4人も用意したのか。 ラストの主人公たちの姿に憤りすら感じるよ。 なんて自分勝手!! あくまで「いい映画風の映画」 『ロックンロール・ミシン』と同じ監督とは…。 全く映画を観た気になれず、WOWWOWのスペシャルドラマのようだ。 アンダーグラフのPVだとしてもアンダーグラフがかわいそう。 考えろ行定! いや、考えるな! 誰か脚本家に頼んで!! 最後に 秋に公開予定のガッキー主演の『ハナミズキ』もヒット曲の映画化ですね。 コブクロの楽曲もドラマ化されてたみたい。 次の流行はコレですね! 一体誰が喜ぶのか…

  • psy********

    1.0

    1人だけノーとは言えない女子の心理か!?

    軽い・・・軽すぎる。 テーマは結構深いし、映画として面白くなる要素一杯なのに・・・つまらん! 途中、これあと1時間も見るの堪えられない思ったら、もともと短い話らしく『ホッ。。。』 一番安心した点がこれだけって映画も凄いよなぁ。 思春期特有の自堕落とストレスと不甲斐無さのような黒い感情って結構多くの若者が抱くものじゃない。 それを 『つまらないよね~』『じゃ、死のうか~』『いいよ~』・・・ってどうなのよ。 自分だけ「No(ノー)」とは言えない女子特有の空気ですか・・・これ(怒) そうじゃないと視聴者に思わせようとしたのか、 死にたい理由があると思わせる各自のエピソード・・・これがまたアホなくらい自堕落的。 乳牛との関係も良く分からないだけに、不愉快極まりない。 暖を取る時に燃やすのが教科書って設定も安っぽい演出。 「みんな燃えちゃったね」系のセリフが安っぽさを倍増。 行定監督ってテーマの目の付け所は凄い良いんだけど、内容が希薄な印象があるなぁ。 「クローズド・ノート」も何か詰めが甘かったし。 谷村美月作品をリレー中なので、次の作品は良いのが当たりますように!

  • aho********

    1.0

    こんな監督がいるから・・・

    得る物の無い映画ですハッキリ言って。 青臭い思春期の少年が創造し作ったような映画。それ以外感想は浮びません。 登場人物は自分に酔ってる女子高生4人(5人?)。自殺に繋がる程深刻な動機も無いのに、ただ日常が下らないと言う理由で自殺しようとします。 現代の女子高生を描いたと言っていますが、妊娠の話以外全ての悩みがフカシ臭いです。悩んでない子もいます。本当に今の女子高生はこんな下らない事で自殺を考える程弱いのでしょうか?もっと精神図太いですよ? 両親が不倫したとか言ってる女の子は、同じ学校の子を虐めたりしてそんなに弱そうにはえませんでした。 物語の構成の殆どが消化不良。不倫がばれて取り乱した母親が旦那に自分の股間を晒すなど馬鹿らしい。1~2人の不倫でそんなに酷い行為は無理ですよ?必要ですか?このシーン?って感じ。 多分監督は自殺に悩んだり、性に関する事をカッコいいと勘違いしているんでしょう。アニメの見すぎです。 こんな映画を撮る監督が未だにいるから邦画界は停滞するんだなと思いました。 この監督には、そんなに性的表現に思い入れが有るならロマンポルノへの転向をお勧めします。

  • pin********

    1.0

    駄作です!

    はっきり言ってつまらなかった。 全体に薄っぺらという印象だ。 余程暇な方は兎も角、そうでない方には「観るに及ばず」と断言します。 退屈で閉塞した日常に、曖昧な生への絶望感と死への憧憬を抱く女子高生4人。 或る日、不図、「じゃあ、死のうか」と言う事になる。 4人それぞれに現実生活に問題を抱えてはいるが、どれも死ぬ理由としては弱すぎる問題だ。 4人は翌朝を決行と決め、深夜の学校に集まって来るのだが……。 昔のATG作品を彷彿とさせた。 エロス、タナトス、ルサンチマン、……? 普遍的なテーマではあるが、描き方(物語・登場人物)が薄っぺら過ぎ。 女子高生4人の名前もリンネ(輪廻)・ウタ(唄)・ラン(RUN 乱)・タマ(魂)ってどうよ? 夜の桜並木の下を走るリンネ。 突然の雷雨の中でハシャギ踊るウタ・ラン・タマ。 ……何処かで見たままのシーンが再現される。(←オマージュのつもりか?) 解説文には「監督・脚本の行定勲が、交錯する虚無感と前向きな決意をコンセプトに強いメッセージを込めた」とあるが、 残念ながら出来上がりは「行定勲のオナニー」でしかなかった。 というのが私の感想です。 ……あっ、でも、画は結構好きな感じだし、リンネとウタは中々可愛いです。 だからと言って、もう一度観る気にはなりませんが……。

  • tak********

    1.0

    ネタバレはじめの5分だけ引き込まれたのに

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • m37********

    2.0

    長いプロモーションビデオ。秀作だが。

    「物語」というより、やはり「プロモーションビデオ」。 高校生のドラマで、この歌を映像にすると、 浅くなるのは仕方ないと思う。 期待したほどではないが、悪くない作品。

  • hww********

    1.0

    ムダムダムダ!

    「何もないところから作り上げる。映画は本来こうあるべき。」としているが、曲が元となっているため無からの誕生ではない。現代の女子高生の悩みを描写したとされるが、妊娠の悩みを抱える女子高生以外の人物には自殺に至る理由が無く、ただ退屈だと言う理由から安易に自殺を選択する姿勢や、主人公の自殺を止める理由も曖昧であったことから「自殺を助長する」と一部で批判が上がった。 これは映画なのか?何を伝えたいんだ。 無料上映は、当たり前だ。こんなものでお金を取るな! 行定監督の自己満足を満たすだけの自慰的な作品である。

  • par********

    1.0

    イマを切り取る

    どなたかは北乃きぃさんの出演作品を制覇される目的とのことですが、私は谷村美月さんの出演作品を時間をかけて制覇しようと借りてきた作品。私の嫌いな行定監督(笑)が今回は脚本も手がけている。いやな予感的中で、なるほどイマドキの女子の心象風景をリアルに捉えてはいるが、それってこんなにも魅力の乏しい人間像になるのかと痛感させられる作品! 軽過ぎるガキ四人の(途中からプラス1)の自殺ゲームにつき合わされてもねえ~ 家庭環境の描写もああ、こういう娘だったらそうだろうなあ~と容易に想像がつく展開。 役者陣の好演が救い。イマを切り取ることって確かに大事ですが、それだけじゃ映画の魅力、ドラマの魅力には結びつかないと思うんですよね。

  • hen********

    3.0

    最初だけ良かったです

    天才女優の予感漂う谷村美月さん、将来が楽しみな北乃きいさん。この2人が出てるのを見逃す訳にはいかないと思い、レンタルで観ました。 で、最初だけ良かったです。授業中の他愛のない会話で自殺を約束する4人の少女。そんな何気ない理由で死を選んでしまう少女達の心の闇、言いようのない閉塞感。とても重いけど現代社会が抱える問題を扱った作品として、その後の展開に期待したのですが.. 少女達の心の闇に迫ることもなく、自殺を思い立った理由もいまいち分からず、ツッこみどころ満載の薄っぺらな出来事が続いていくばかり。正直、がっかりでした。 タクシーに轢かれ、土に埋められてもゾンビのように這い出てピンピンしてる少女。 自分をいじめた4人に復讐することだけを望んでいたはずのいじめられっ子がみんなと仲良く手をつないで。そして最後には主人公の手を引いて助ける? ハングルの寝言にハングルで言い返したら、またハングルで返事..それで、何? いくら何でもお祖父さんの行動はあり得ないでしょ? この作品のテーマ「ユビサキから世界を」って、兵隊さんのセリフなんだ..で、それが少女達の生と死と何か関係あるの? ・・・などなど。 谷村さんは今回もまた光っていました。北乃さんもマイペースなメガネっ娘を好演していました。それだけが救いですね。

  • may********

    5.0

    いいですよ~

    簡単に死にたいと思う今時の十代を短い時間でしっかり表現できてると思います。簡単な理由で死んでしまいたいと思うのも今の十代です。誰かがキング牧師を馬鹿にしている表現があると言いましたが、今の若者にキング牧師なんてどうでもいいのです。そして現実に集団自殺してしまう若者がいることもお忘れなく。この映画は一時間の短い時間でしっかり十代の気持ちを代弁していると思いました。

  • och********

    1.0

    ネタバレ個人的に現実味を感じなかった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tat********

    2.0

    ユビサキから世界を

    というアンダーグラフの名曲に完全に映画が飲み込まれてしまってます。 もともと天才女優谷村美月を見るためにレンタルで見た作品でしたが、なんというか………リアルじゃない。と僕は思った。 あんだけ一緒に楽しめる仲間がいるのに、なぜ自殺するの?もったいないじゃない。と思ったし、強引な「ユビサキから世界を」という台詞の使い方はすごくわざとらしかったし、映画の中で起こる出来事もラストシーンにどういう影響を及ぼしたか不明。 監督自身がもっと「ユビサキから世界を」という曲について考えた方がよかったんじゃないかなぁ… ただ、アンダーグラフのプロモーションビデオとしてなら見れるかも。谷村美月さんの台詞が少なかったのが残念。でも、この人からでるオーラはこの作品でも一際輝いてる。谷村美月。来年は06年の蒼井優に次ぐ、大ブレークを見せるかもな。

1 ページ/4 ページ中