レビュー一覧に戻る
ユビサキから世界を
2006年8月31日公開

ユビサキから世界を

632006年8月31日公開

pea********

1.0

タイトルは意味ありげだけど…

北乃きいさんの出演作を制覇しようと鑑賞。 日常に嫌気のさした高校生四人が自殺を図ろうとする話。 60分程度の短編です。 タイトルのセンスが良いので感動的なストーリーが待ってるかと思いきや、中身は大したことなし。 「今晩みんなで死のう」 「いいねぇ~」 見たいなノリで現実感ゼロ。 若手の女優を使って、面白そうな映像撮れたらいいなぁ~、くらいの軽いノリで撮った感じがします。 この作品での北乃きいさんの役柄は彼女には似合わないと思いました。 心に残るシーンがないまま終わってしまったのでファンとしては残念。 でも、あまり見かけないポニーテールと眼鏡姿が拝めますよ。 もう一人の注目株は谷村美月さんです。 冒頭の授業風景からやる気の無いけだる~い演技を見せてくれます。 「檸檬のころ」でもそんな役柄でしたが、こういう演技をさせたら右に出るものはいませんね。 評価は★2くらいだと思います。 しかし、冒頭の社会の授業のなかで、命をかけた公民権運動の果てに暗殺されたキング牧師への侮辱と受け取れるシーンがあったので★マイナス1です。 社会なんて勉強してどうなるの? という現代の若者の気持ちを表現したかったのだと思いますが、あのシーンはやりすぎです。 最初にあんなシーンを入れるなら、後半でキング牧師の言葉によって生きる希望を得るとかにしたら良かったんじゃないのかな。

閲覧数253