レビュー一覧に戻る
ユビサキから世界を
2006年8月31日公開

ユビサキから世界を

632006年8月31日公開

suk********

4.0

軽い気持ちで見ると案外見える

最初見たときに重いはずのテーマなのに、尺のたりなさ、扱いの軽さに、女子高生描写の軽さに、かなり不服だったので、納得できずに2度鑑賞。 そして2度目に観たときに、少女たちの集団自殺を扱っておいて縁起でもないけど、案外軽い気持ちで観る映画だなぁと思いました。 この映画の中で、彼女たちは死なない。そんなことを頭に置いてに見始めると案外行ける。 そしてこの映画の目的や答えも自殺ではなく、不条理と感じていたものに意味を見出す、一晩の出来事を描いたお話で、 映画というか、1時間の単発ドラマを見るような気持ちで見ると、意外と見えてくるものがあって、楽しめました。 谷村美月が前にテレビ番組で、映画の撮影で土に埋められたことがあると言ってた映画… なんとなく気になっていたのですが、これだったんですね! たしかに凄いシーンです。 あと、北乃きいちゃんの喫煙シーンが結構衝撃的。 でも彼女、明るく見えて実は影のある役が合う女優さんなんだなぁと思いました。

閲覧数462