レビュー一覧に戻る
ユビサキから世界を
2006年8月31日公開

ユビサキから世界を

632006年8月31日公開

どーもキューブ

3.0

行定演出、四女の青春

2006年作品、フォーライフミュージック(FLME)、ランブルフィッシュ提供。 脚本、監督行定勲。 かなりのビデオ屋にて、ジャケット鑑賞の感じ。 ジャケットをガン見したら、 「あれっ!谷村美月ちゃん!んっ!北乃きい!共演してたんだ!んー、FLAME?PV(プロモーションビデオ)かな?」てな感じ。 行定監督、原点回帰、アンダーグラフさん知らない、てな感じで鑑賞となりました。 アンダーグラフさんは、曲を聞いたらわかりました。よく有線で、ビデオ屋で、かかってるかかってる!と頷く。 ユビサキから青春をみたくうっすらと鑑賞前、なんとなく予想した写真からのイメージ、青春のイメージにある意味閉じこもっていた、予測可能な映像の作品でした。 そこからエモ-ショナルな叫び、話、ときめきもとりわけなく終了。まあ、PVが先行してあるので欲を言ってもしょうがないですが、、。 物語は、ある高校生の退屈なアメリカの授業。 仲良し4人女子はある事を今夜計画する。 さて計画とは、ユビサキとは? 青春のイメージ的なよくある映像、よくある定義 「死」「自殺」「いじめ」「雨」「屋上」「きまぐれ」「あさはかな思い」「いいたくていえない」 みたいのがオンパレードで演出みたいな感じでまあ、ある意味べたべたなかんじで行定勲のイメージをみたかんじでした。 それでも谷村美月さんがまた、かわいい。美月ファン必見。 後ろ髪のザンバラな感じ、イチヅナな感じ、意外な展開が見所。 ちょっと全然想定外で面白かったですが、そんな展開あるかいともつっこみつつ、、。 あと北乃きいちゃんも眼鏡っ子で可愛く出演。こちらもファンの方は是非。結んでいて、眼鏡なんで全然きいちゃんに見えませんでした。 ラストが少し良いだけに、マエフリ、キャラ紹介がもう少しテンポよく面白かったらなぁと思いました。 あと久々に土屋久美子さんを拝見しました、90年代からずーっと邦画の脇役ですが、活躍されてる女優さんです。嬉しかった。 アンダーグラフファンの方は勿論要チェックだと思います! ゆびさきから世界へ、ゆびさきからスタートしたいなぁと思いましたが、イマイチ普通な按配の青さに寂しさを感じた行定作品でした。 指先からみた4人の女子の青春とは? 行定演出、四女の青春とは?

閲覧数597