2006年9月9日公開

ルイーズに訪れた恋は…

P.S.

1002006年9月9日公開
ルイーズに訪れた恋は…
2.6

/ 39

3%
15%
36%
33%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(27件)


  • 2.0

    ネタバレ別に恋ではない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • まお

    3.0

    期待してみた

    リアルなんだけど・・・・ 30代後半の設定だけど あんなに、がっつくか!? がっつきすぎて、、、若干ひいてしまった ただ、若くもない 大人なのに、母親に甘えてしまう でも、結構、口は立派 夫との気持ちのすれ違い いくらでも周りにいそうな設定 でも、あんなに綺麗だから絵になる設定 もう少し、体系もおばちゃんっぽい女優さんなら、セクハラですよね 初恋の人にそっくりな人が現れたからって あんなに、がっつくのは理解できない 初恋だからこそ、綺麗に物語みたいに大事にしたいものでは? もう少し、抑えて、、、って感じ

  • mom********

    3.0

    ネタバレ共感できず・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kft********

    2.0

    ネタバレスッキリしない映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kok********

    3.0

    中途半端な感じ

    ストーリーのあらすじを見て、この作品に興味を持った。 つまり、15歳年下の男との出会い、しかもその男が若かったころ死んだ恋人にそっくり。更に、友人とその恋人を取り合った仲。一体どうなる?これは設定が面白いと思って、早速試写で見たが・・・。ストーリーが中途半端な感じがして、何だかしっくりこなかった。映画が始まった最初の2-30分くらいは、見ていて設定が飲み込みずらい。中盤少し面白い展開になるが、またラストがしっくりこない。全体的に監督の力量不足といった感じ。

  • hir********

    3.0

    難しいなぁ

    このレベルの非現実的恋愛ストーリーになってくると、共感出来る人とつまらないと思う人が両極に出てくると思う。私は後者に部類される(と思う)。日本人と外国人の感性の差かなw 色んな形の恋愛があるのだな、程度の映画でした。

  • fuji

    2.0

    内容がない映画

    過去の恋人に似た青年に恋する大人の女。 最後もあっけなく終わるし、途中も特に 何もなくストーリーは進みます。

  • mat********

    2.0

    ネタバレ中途半端

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • りゃんひさ

    2.0

    興味ある題材も、共感するに至らず

    中年のバツイチ女性の前に現れたのは、今は亡き若き日の恋人と瓜二つの男性だった・・・という題材は心惹かれるものがあったが、登場人物の思いや心情を描くまでには至らず、ただただストーリーを無理やり展開するのみに終始している。そのストーリーにしても、主人公の元夫の病的な性癖や、友人の扱いなど、露悪的な描写も多く、主人公に共感できない、納得できないまま終結してしまったという感じ。オールロケーションによる画づくりも、平板で魅力に乏しいことも減点。

  • lad********

    2.0

    深刻な環境破壊問題の恐れアリだわ~

    はぁ~い、こんばんわ、二日連チャンの登場でアンタをノックアウト! 最近アタシが蜘蛛男を観たのはアタシのファンならもうご存知ね?そして目新しいイケメン男優が出ていてマークし始めたことも・・・ウフフっ アタシってばちょっとした追っかけぽいわぁ~ 今日はそんなイケメン男優が出演している、これまたアタシにとって曲者のミニシアター系を弄り倒すわよ~そこのアンタ!何を期待してるの?アタシに・・・フフっ お望みどおりやってやろうじゃない? 今夜もアタシの研ぎ澄まされたセンスでメッタ斬りさせていただくわ!斬捨御免!覚悟なさい! ふぅ~ ふっぅうぅ~ どうなの?いくら映画だからってあまりにも主人公に上手く巻きつき過ぎてアタシをナメないで頂戴だわ。「素敵!」「切ない~!」なんて微塵も感じられないストーリー展開。昔の男に激似の若いイケメン捕まえていきなり尋問性◎渉・・・そんな美味しい展開アタシが興奮するとでも思って? 興奮したわよ!(恥)でも一気にテンション下がったわ!出会い系だったらありうるかもしれないけど、学校の面接で・・・そんな・・・ 世のご婦人はどうなのかしら?この作品みて妙な期待お持ちになられたのかしら?だとしたらそれは深刻な環境破壊問題に発展しそうだわぁ~ いいこと、年増女に焦がれる男性なんてそうはいなくてよ。少なくともアタシの周りには一組しか把握していないわね~妙な期待もった年増女どもが若殿狙いでルンルン気分にハッスル光景想像しただけでエヌじーよ。まぁ憧れる程度なら勘弁してやるけど、この作品をきっかけに何かしようとされるご婦人、おやめなさい。大事におし!製作者サイドの罠よ! 話が環境問題に逸れてしまったわね、いったん戻すわ。 アタシこれまた不純な理由で鑑賞しはじめたのだけど、アタシの期待それなりに応えてくれたけど、もう少し露出してくれてもいいんじゃないかしら?そもそもファミリー向けの作品じゃないんだし、大人が、しかも主人公と同年代層が観そうな作品なんだから、やってくれてもよかったのに。イケメン男優ったらもったいぶってるのかしら?いつの時代のラブシーンよ? ラブシーンも中途半端ときたら話の展開も中途半端ときた!何を訴えたかったのか?まさか「30代女性に勇気」なんて安っぽいもんだったのかしら?そしてさらに中途半端なのが主人公なのよ。どうも支持できないキャラクターだったわ、もちろんアタシにとってだけどね。ブリジョ日記に出てきそうなキャリアウーマンで、カッコ良さってのも感じ取れなかったわ、その辺にいるOLそのもの。そんなありきたりな人物像だからますます先に議論した環境破壊問題に繋がりやすくてアタシ心配なの。そう、アタシは世の素敵な殿方のためを思ってるのよ。そしてそれと同時にアタシにひれ伏すご婦人を導く頭に立つ存在でもあるの。アタシ相当光ってるわ!罪な存在ね・・・(切) アタシみたいにイケメン男優目的で観るのなら止めはしないわ、ある程度目の保養になるから目薬点す感覚でご覧あそばせ。何かを期待して観ようとするならおよしなさい。そして殿方が観るような質のもんじゃないわ、年増女がお好きだったらいいけどね、ウフフ。 年増女に共感抱かせようなんて魂胆が皮肉にも嫌味に締めてしまったこの作品・・・悲しいわ~まさか共感できた奴いるの?え?マジ?お幸せだこと、いいんじゃない?それで~オーホホホホホホ! シネマソムリエのアタシとしては難題突きつけられた感じだわぁ・・・どうやってコレを楽しめっていうのかしら?そーね、強いて助言させていただくとしたら、わざわざビジネスホテルに赴きインスタント珈琲飲みながらご覧なさい。観終わった後にどーしようもない感情に駆り立てられること間違い無しだわ!オホホホホホホホホホ!

  • chi********

    4.0

    ネタバレ観ていて恥ずかしいほどリアル

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oce********

    1.0

    3時間ぐらいに感じた

    39歳の女性ルイーズが出会った15歳年下の男性。 それは20年前に亡くなった恋人とそっくりの男性。 戸惑うルイーズだが、二人の関係は強くなっていく。 こういう年上の女性と年下の男性のロマンスは幾つかあるが、大抵印象に残るものはほとんどない。 ラブストーリーの割に展開が重すぎて、ダラダラした進み方に眠くなりそうになる。 ローラ・リニーやガブリエル・バーンなど役者は悪くないのに、このもたつきはやはり演出が原因だ。

  • kik********

    4.0

    ネタバレ愛は続くのか・・?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • qny********

    3.0

    タイトルの・・・の後は?

    最初に思ったのが舞台がとこかということと、21歳の学生が39歳の女性に色仕掛けされながらも落ちてしまったことです。 いくらなんでもあんなに簡単に落ちてゾッコンするのはチョット無理がある気がしました。個人的には39歳ぐらいの年齢もありますが、あまり綺麗だとは思わなかったです。 結構主人公のルイーズは衝撃的な事実をどんどん突きつけられていきます。名前も姿も瓜二つなら先走ってしまう気持ちも少し解ります。 個人的にはもっと華やかな演出が観たかったです。個人的な意見になりますがアメリカンラブストーリーには華やかな舞台を不可欠な気がします。実際そういうのを求める所もありますので。 タイトルの後に続くのは、今までの過去を全て知ったうえで新しい恋をスタートさせるといった感じの内容でした。

  • sak********

    4.0

    to love someone...

    To love someone, it doesn't matter about age, appearances, social status, past... hmmm I can understand how much she surprised when she found him and had crious about him because he has same name with her past boyfriend.. And he was very similler everything about him as she gets to know him more and more... But I could understand how much he got schocked that he is similler to her past boyfriend. If it's me, I'm very shock that the person who I love seeing past partner through me...:( But she realized that she loves him as he are at last. It's not because he is similler to her past boyfriend... To love someone, it doesn't matter these external factor... Maybe it will be a reason to have crious but we can't be love because of these things..

  • プリン

    3.0

    ローラ・リニーだからこそ

    ヒロインが彼女でなければ半減以下になっていた作品だったと思います。 どんな作品に対しても、手を抜かずまさに体当たりで演じる姿に毎回感動します。 静かな日々を送っていたはずの主人公ルイーズに、突然若い頃失った恋人そっくりの青年が(同じ画家志望として)現れたら・・・ 自分で自制していた「静」の自分と、今度は失いたくないという衝動に背けない「動」の自分、過去の恋人と今向き合っている現実の彼・・・ 自分のことだけでも混乱する中、元夫や親友もルイーズの混乱を増長させてしまいます。 全部が必要なエピソードだったのか、作品をもうちょっと整理してもよかったのでは、とも思いますが、1時間45分ですので、まあ許容範囲かな、と思いました。 個人的には、以前「ミスティック・リバー」で宿敵ともいえる妻同士を演じたマーシャ・ゲイ・ハ-デンとの共演が(マーシャの登場シーン良かったです)またまた火花でよかったです。

  • dou********

    3.0

    映画の空気感、夜に誰かと

    ストーリーはどうということのないラブストーリーだけど、映像や空気感が、とても映画らしい。見終わった後に、なんだか心に残るのは、主演の魅力かな。 軽い気分で、自宅でのんびり見始めたら、結構良かったよ。という感じの映画。

  • see********

    3.0

    アラフォー女 欲望のダム決壊…!

     封印していたはずの昔の恋人の記憶が、ふとした きっかけで突然こじ開けられてしまったら…。  映画とはいえ、ちょっと妄想が入り過ぎなのが 玉に瑕ですが、妙に生々しい台詞やセックス描写に ドキリとさせられ、いつの間にか共感している、 なかなかありそうで無い、綺麗ごとを排した恋愛映画。  社会的な地位も築き、分別あるアラフォー女を自認 していたはずが、初恋の男性に激似・しかも同姓同名の 青年の出現に、バタバタッといってしまう主人公に、 ローラ・リニーがピタリとハマり、安心して観ていられます。  弟役のポール・ラッドの出番が少ないのと、元夫で とんでもないカミングアウトを投下するガブリエル・バーンが ちょっと蛇足気味なのが残念。もっと彼女の恋愛の行方のみに 焦点を当て、更に掘り下げて欲しかったという思いも残りますが 全体としては、ピリリと引き締まった、R30、はたまた40の オトナの恋愛映画として、満足度は決して低くありません。  

  • byp********

    3.0

    こんなに綺麗だったのね・・

    監督は、なんだか一発屋の匂いがする。 ずいぶんと歳の違うカップル・・あり得るのか? 映画だからさ・・と自らを納得させ 見ていましたが~ これ、あり得ます。 なぜならローラ・リニー演じるルイーズが本当に チャーミングな女性。 「そんなの女優だからよ・・」などと言ってしまえば ハイ、それまーでーぇよ~(これは、古きよき時代のギャグです) な訳ですが・・彼女を見ていて共感できるのは   恋する女は綺麗さ~ byヒロミGO それが歴然とした事実なのです。   ストーリは、たいしたことはありませんが、 ローラ・リニーの魅力を知った映画ではありました。   ぬぼーっとした気分で見たいときなどには、 ちょうど良いのではないかな・・・

  • いやよセブン

    3.0

    引きずる恋愛映画

    好きな女優さんの一人、ローラ・リニーはバツイチで若き日の彼氏とそっくりな青年と恋をしてしまう役。 これに弟と別れた夫がからみ、自分探しの試練を乗り越えるお話。 コロンビア大学が舞台となっており、絵葉書的にも楽しめる。 人間、歳をとるというのは、それだけでも大変なことです。

1 ページ/2 ページ中