レビュー一覧に戻る
ルイーズに訪れた恋は…
2006年9月9日公開

ルイーズに訪れた恋は…

P.S.

1002006年9月9日公開

see********

3.0

アラフォー女 欲望のダム決壊…!

 封印していたはずの昔の恋人の記憶が、ふとした きっかけで突然こじ開けられてしまったら…。  映画とはいえ、ちょっと妄想が入り過ぎなのが 玉に瑕ですが、妙に生々しい台詞やセックス描写に ドキリとさせられ、いつの間にか共感している、 なかなかありそうで無い、綺麗ごとを排した恋愛映画。  社会的な地位も築き、分別あるアラフォー女を自認 していたはずが、初恋の男性に激似・しかも同姓同名の 青年の出現に、バタバタッといってしまう主人公に、 ローラ・リニーがピタリとハマり、安心して観ていられます。  弟役のポール・ラッドの出番が少ないのと、元夫で とんでもないカミングアウトを投下するガブリエル・バーンが ちょっと蛇足気味なのが残念。もっと彼女の恋愛の行方のみに 焦点を当て、更に掘り下げて欲しかったという思いも残りますが 全体としては、ピリリと引き締まった、R30、はたまた40の オトナの恋愛映画として、満足度は決して低くありません。  

閲覧数724