レビュー一覧に戻る
ルイーズに訪れた恋は…
2006年9月9日公開

ルイーズに訪れた恋は…

P.S.

1002006年9月9日公開

りゃんひさ

2.0

興味ある題材も、共感するに至らず

中年のバツイチ女性の前に現れたのは、今は亡き若き日の恋人と瓜二つの男性だった・・・という題材は心惹かれるものがあったが、登場人物の思いや心情を描くまでには至らず、ただただストーリーを無理やり展開するのみに終始している。そのストーリーにしても、主人公の元夫の病的な性癖や、友人の扱いなど、露悪的な描写も多く、主人公に共感できない、納得できないまま終結してしまったという感じ。オールロケーションによる画づくりも、平板で魅力に乏しいことも減点。

閲覧数281