レビュー一覧に戻る
神童
2007年4月21日公開

神童

1202007年4月21日公開

koz********

3.0

いい雰囲気なのに、あまりにも説明不足

天才ピアニストが成瀬うた(成海璃子)というのは解る。 だが、それ以外の説明というか、描写があまりにも乏しい。 ワオ(松山ケンイチ)が音大生を目指していたのは解るが、 そう優秀でもないと思っていたのが、実は主席になるほどだったり、 それでも、教師には認められていなかったり、 原作を読んでいない「こちとら」にしたらサッパリわからない。 映像も美しい。 ピアノ演奏のシーンも練習の成果だろう、実際に演奏しているように見え、全体の雰囲気を損なっていない。 何よりも成海璃子の自然で、透明感のある演技がすばらしい。 ナレーターなどの言葉に頼らずに情景のみで表現しようとしている事は、評価したい。 ノダメのように何でも「心の声」で表現しているのと異なり、音楽のすばらしさを自然と集まる観客などで表現している。 しかしバックボーンなどを含め、全てをそうやって表現できるはずはない。 説明的ストーリーを軽視するあまり 残念な事に、観客がついていけない作品となった。 雰囲気がいいだけに、少々残念に思う。

閲覧数960