レビュー一覧に戻る
神童
2007年4月21日公開

神童

1202007年4月21日公開

a3_********

3.0

もったいない

成海璃子と松山ケンイチ2人とも、演技の雰囲気が元々好きだったので見ました。 成海璃子はこういう子供と大人の狭間のようなキャラが映える人ですね。 松山ケンイチのやさぐれた?諦め?のような物を抱えているキャラもまた、いい味を出していました。 そしてうたと和音のぼんやりとした不安など、誰しもが日々でなんとなく感じつつもつとめて流そうとしてしまうもやっとした感情を、不思議と「美しい」と感じることができる作品でした。 ただ、物語として良いかどうかと聞かれると、「?」と感じる部分は多いです。 あまり真剣に見れていなかったのもあるかもしれないけど、ぱっと見の印象で作者が何を伝えたかったのか分かりにくかったです。最後の締まりが悪かった印象。 うたと和音の恋愛、その二人それぞれの悩み、いろんなものにそれぞれフォーカスを当てようとしすぎて最終的に何が一番伝えたかったのかよくわかりませんでした。 もっとスポットを当てて作っていたら、もっと良い作品になったと思う。 世界観やキャラクター、演出も、独自の良い雰囲気を作れているのにもったいない。

閲覧数2,282